CFNM日記

イタイケな5minutes 3

(2014年11月30日 00:00)

気づいたときにはもう、スグル君の海パンは、
足首辺りまで下ろし切られていて、
そのままその場で、2回足踏みをしたかと思うと、
すっかりスグル君の体を離れ、綺麗に脱げてしまいました。

その間ものの数秒、一瞬にしてスグル君も、
すっぽんぽんになってしまいました。
そして、

「これでお互い様じゃ~~~~い!!!」

そう言って、自分の大事なソレが、
クラス全員の女子に見えるように股間を突き出し、

「ぱおぱおぱお~ん♪」

そんなことを言いながら、腰を上下に振り始めました。

―ぷるぷるぷるぷるぷるんっ。

わぁあああ…、男の子って、あんなものが付いているんだ。
絵でしか見たことなかったけど、
本当に肌色のゾウさんみたいなのが、くっ付いてるんだな。

プール後のせいか、お稲荷さんが、
少し萎れているようにも見えました。
それとも、もともとああ言うものなのかな?
よく分かりません。

その手前にちょこんと生えている、
ちっちゃな魚肉ソーセージみたいなアレが、
スグル君の動きに合わせて、
元気に、ぴょこぴょこと揺れていました。

「きゃあああああああああああああ!!!!」

教卓から遠ざかるように、教室の隅に散らばる女の子たち。
流石のミキちゃんも驚いて、その場から立ち上がり、
急いでラップタオルを体に巻き直し、後ろに逃げてきました。

みんな、スグル君のソレを見まいと、
目を伏せているようでしたが、どうせみんな、
見るものはしっかり見ていたに違いありません。

わたしも周りに倣って、逃げ惑おうかと迷いましたが、
唯一既に着替えを済ませ、席に付いてしまっているし、
そもそも席自体一番後ろで、そこまで目立ちもしないので、
ここから、そしらぬ顔で、コトの収束を見守ることに決めました。

「いよっと。」

やることをやり終えたのか、ゾウさん踊りを止め、
教卓の上からジュワッとジャンプし、
地上に帰還するスグル君。

着地の瞬間、スグル君のアレが、
さっきまで以上にぴょこぴょこぴょこんと、
まるでそこだけスグル君の一部じゃないみたいに、
もの凄い速さで振動したのが、見て取れました。
まるで、ハチドリの羽ばたきみたいでした。
(この前、理科のビデオで見たんです。)

「うし、これでおあいこだな。」

ようやく大事な場所を片手で隠したかと思うと、
退陣したわたしたち女子に向かって、そう言い切るスグル君。

「…おあいこって、そんなわけないじゃん!」
「そうだよっ。全然違うっ!」

それに反論をする、宮崎アキちゃんと鈴原ユマちゃん。

「なんでだよ小暮だって、つーかお前ら全員、
 オレのちんこ見たじゃん。おあいこだろ~が~。」

あー、なるほど。
いや、ん?どうなんだろう。

「見てないしっ。」
「ほれ。」
「きゃっ。」
「やっ。」

再び小ぶりのゾウさんを披露するスグル君。

「はい見た~。」
「もうっ。」
「やだっ。」
「ははっ、お前らホントちんこ好きだな~。」
「好きじゃないっ!」

無邪気に笑いながら、再びゾウさんを握り隠すスグル君。

「っていうか、あんたが勝手に脱いだだけじゃん!
 それでおあいことか意味分かんないっ!!」
「そうよ変態!!露出狂!!」

立ち向かい続けるアキちゃんとユマちゃんに、
涙を拭いながらも、ようやく参戦するミキちゃん。
続くように、そーよそーよと周りの女の子も応戦します。
わたしも小ボリュームながら、頑張って加戦しました。

「うへ~、うっせ~な~。」
「だいたい男子と女子じゃ、恥ずかしさが違うのっ。
 あんたらは別にあっ、アレ見られたって、
 どうってことないんでしょっ。」
「そうよそうよっ。
 男子なんて、一生外で着替えてればいいのよっ。」
「そうだそうだーっ。」
「は~あ?なんそれ、差別じゃね。」

さすがにちょっとイラっとしたのか、眉をひそめるスグル君。
さすがにちょっと今の発言は、身勝手だったかもしれません。

「つ~か、こんなんしてる場合じゃねっつ~の。」

ふと思い出したようにそう言うと、
それ以上の女の子たちの攻撃は完全に無視し、
着替え途中の女子集団に向かって、早足で進撃を始めます。

きゃあああと、またスグル君を避けるように、
四方八方に散らばる女の子たち。

「来んなー!!!」
「服くらい着させろっつ~の。
 っつ~か、お前らも早く着替えれば~?」

チラリと時計を確認し、確実に迫るタイムリミットに、
少しずつ口数が少なくなっていくわたしたち女子。
更に分が悪いことに、

「お~い、お前らも早く入ってきて着替えろよ~!!
 説教食らうぞ~!!」

スグル君の号令を合図に、前のドアから後ろのドアから、
まだ海パン姿の男の子たちが、ゾロゾロと、
教室の中に入ってきました。

「やだぁぁああぁぁぁ~…。」
「うう~…。」
「でもぉ…、着替えなきゃぁ…。」

いよいよ青ざめる、タオルにくるまったままの女の子たち。
早めに着替え終えていて、本当に良かった。
他の子には悪いけど、心の底からそう思いました。

授業開始まで、あと3分。
これはまだ、ひと波乱ふた波乱あるような気がします。


にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へ 人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。
ポチッと押していただけるとランキングが上がりますので
よろしくお願いいたします~。

この記事へのコメント
  1. こんにちは。
    いつも素敵なお話をありがとうございます。
    この話は続きはないんですかー?
    続き読みたいですー!

    • コメントありがとうございます!
      今現在続きは一切手つかずの状態なのですが、
      暇を見つけて書き進めていければと思っておりますー。
      まったりとお待ちいただければと思いますっ(´ω`)

  2. 2015年3月12日 06:36

    某読者モデル

    初コメですが楽天ブログの頃から読んでます。
    続き楽しみにしてますね!
    ゆっくりでいいので!

    • コメントありがとうございます!
      だいぶ初期の頃から読んでいただけているみたいで(´ω`)
      相変わらずの気まぐれ更新で申し訳ないのですが、ちょいちょいと覗きに来ていただければ嬉しいです!

  3. 続きが気になります!

    • コメントありがとうございます!
      頃合いを見て続きを書ければ…!

  4. こんにちは
    そろそろ続きお願いしますー٩(๑´3`๑)۶

    • あわわ…!こんなんでも気分が乗らないとなかなか書けないもので…
      お待たせしてしまっていて申し訳ありません><

  5. なぜ僕が体験した過去を知ってるんですか!?これって創作ですよね?マジでサブイボが・・・・

    • 書き込みありがとうございます!
      小学校のプールの授業後の教室ではよくある光景なのかもしれませんね~笑

コメントを残す

※名前と本文以外は必須項目ではありません。

ページトップへ