テイク7|Kune Kune Project

小説

テイク7 scene2

「カットー!オッケーイ!!  今日は終了だー!お疲れー!!」 八嶋監督の掛け声で、今日の撮影も終了。 ふぅ…、疲れた~。 「終わった終わった~。」 演技を終えた大志が、あくびをしながら セットから下りてくる。 「お疲れ~理奈ちゃん。  明日もよろしくね~。」 「はいっ、お疲れ様です!」 お母さん役の渡辺さん。 凄く優しくて演技派で、尊敬する女優さん。 「今日もお疲れ。  ゆっくり休んでな~、また明日!」 「あ、お疲れ様です。」 お父さん役の玉置さん。 大御所さんなのに凄い気さくな俳優さんで 今回共演できて、ホント幸せ。 …て、そっか。 今わたしたちが撮影してるドラマを ここで紹介。 連続ドラマ『江崎家の非日常』 【キャスト】 江崎トオル(45) … 玉置吾朗 江崎ユキコ(43) … 渡辺あつ子 江崎カズミ(11) … 新堂理奈 江崎ミノル(10) … 神山大志 他 【あらすじ】 何処にでもある幸せな家庭、江崎家。 そんな江崎家で繰り広げられるドタバタ劇… 非日常的な日常… 果たして、江崎家の運命は…!? …なーんて、大袈裟に謳ってるけど 実際はホントに何処にでもある 幸せな家庭を舞台にした コテコテのホームドラマ。 今のところ20話まで撮影が終わっているけど トオルお父さんに浮気疑惑が浮上したり ユキコお母さんが家出をしたり いろいろ事件が起きたりはするけど 最後はいつも、家族円満みんな笑顔で終わるような 幸せ色満開の作品になってる。 わたしの役柄は、江崎家の長女で 強気な女の子のカズミ役。 そして1つ年下の弟で ヤンチャな長男、ミノル役を演じているのが 神山大志。 「なんでオレが弟なんだよ~!!」 って愚痴ってたな~。 本当は同い年なのにね。 そこはわたし、ちょっと優越感。 「いよっ、お疲れちゃん。」 と、噂をしてたらやってきた。 「お疲れ。」 子役仲間で今回の共演者でもある 神山大志。 同い年、同じ学校で同じクラスの人が 同じ芸能界で、子役と言う仕事をしている… ただそれだけでも驚きなのに 今回同じドラマで しかも姉弟役で共演することになって ビックリなんてもんじゃなかった。 学校の友達とかにも 凄い凄い!とか、からかわれたりとかで 結構大変だったりしたんだよね。 …それはお互いさまなんだけどさ。 まぁ、全然嫌じゃないけどね。 いい経験になるって言うか いい刺激になるって言うか… …なんてね、ちょっと女優気取り。 「お、理奈ちゃんに大志!  お疲れお疲れっ!!」 八嶋監督。 「お疲れ様です。」 「お疲れ様でーす。」 「いつもいつも押しちゃって申し訳ないな~。  明日もよろしく頼むよ!ほいっ。」 明日の台本、21話分…かな。 「んじゃ、ちゃんと歯磨いて寝ろよ~。  芸能人は歯が命だからなっ。はははっ!!!」 「ほーい。」 「はいっ。」 帽子にサングラスに顎ヒゲ。 見た目からなにから全て、正に監督と言った感じ。 撮影中は凄い真面目だけど 普段は凄く垢ぬけた人なんだよね。 あー見えて、結構大者なんだよ? 「理奈ー、大志ー。  急いで着替えちゃいなさーい。  外で待ってるからね。」 …と 綺麗なお姉さんのマネージャーさんからの お帰りの一言。 もうこんな時間か~…。 「んじゃ理奈、また後で。」 「うん。」 急いで楽屋へと向かう。 -帰りの車の中。 「今日もお疲れ様、2人とも。」 「ほーい。」 「はーい。」 「今日の演技は~、85点って  とこかしらね~。」 「えー。」 「厳しい~。」 「ふふ、それだけ期待してるってことよ。」 嬉しそうに笑うマネージャーさん。 こんなこと言ってるけど ホントにわたしたちに尽くしてくれる 優しいお姉さんなんだ。 「…あ!!」 疲れ切った体に 急に隣から、大志の大声が響く。 「なに~?」 「…明日の算数、…宿題出てたよな?」 「…うん、練習問題3でしょ?」 「…マジかー!  やってねぇよ~…。」 「えー!?」 もう、大分前にやってくるように 言われてた宿題なのに…。 まぁ、仕事との両立もしなきゃだし 大変なのは分かるけど… それはわたしだって一緒だもんね。 …はぁ、しょうがないなぁ~。 「じゃあ、わたしの写す?」 「えっ、マジでっ!?超助かるわ~。」 「今回だけだよ~?」 「はいはい、恩に切ります理奈さま。」 「全く…。」 「マネさーん。  オレの家寄らなくていいから  理奈の家でオレも降ろして~。」 「え?  …まぁいいけど。  早く寝なさいよ~?」 「大丈夫だって。」 もう夜も遅い。 明日も朝早い…けど 大志が家に来ることになった。 はぁ、駄目な弟。
ページトップへ