成長くらべっこ|Kune Kune Project

小説

成長くらべっこ 2

ジュースとお菓子を持って戻ると 物珍しそうに部屋を見回すフミちゃんの姿がありました。 「え、ど、どしたの?」 「あ、いや、なんか、懐かしいな~思て。  すまんすまん。」 「いや、別にいいけど。」 特に1年前と変わりはないはずだけど でもまぁ1年ぶりだもんね、そりゃあ気になるよね。 そうだ、紹介が遅れてしまいました。 この男の子の名前はフミちゃん、本名は久保田文弥。 1つ隣りのクラス、2組にいる、ご近所さんってわけじゃないんだけど 小学校1年生の時から付き合いのある男の子です。 「なんか落ちつかへんな。」 「なんでぇ?」 「いや、なんか、なんとなくや。」 「…へんなの。」 「…んまぁ気ぃ遣ってもしゃあないしな。  遠慮なくくつろがしてもらうわ。」 「どうぞ~。」 そう言って、ゴロンと仰向けになるフミちゃん。 気付いていると思うけど、フミちゃんは大阪弁を使います。 ここは東京なのに、大阪弁を話します。 小学1年生のときに、大阪から東京へ引っ越してきたんだけど そのときにはもう体に大阪弁が染み付いちゃっていたみたいで 6年間こっちで生活した今でも その訛りが直ることは全くないみたいです。 「…で、どうしよか?」 「うん、そうだね…。」 これもまた話すがの遅れてしまいました。 今私たちが何を話し合おうとしているのか、と言うと 来週にある6年生の期末テストについて、もっと言えば その期末テストでの罰ゲームについてです。 期末テストの全ての科目の合計点、それを2人で比べて 点数の低い方が負け、罰ゲームを受けると言う まぁちょっとした賭け事みたいなものです。 なんでそんなことをするのかと言うと それはもう、なんでと言われたら上手く答えられないけれど とにかく過去5年間、小学校1年生のときから続けていることだから もう何と言うか、2人の中の暗黙の了解で 儀式と言うか、やらなきゃいけないこと… みたいになっているものなんです。 フミちゃんはどう思っているのか分からないですけどね。 少なくとも、私の中では、そう思っています。 「うーん、いつもどやって決めてたんやったっけ?」 「うーん…、なんか、2人で適当に言い合っていって  お互い納得したら、そこで決まり、みたいな感じじゃ  なかったかなぁ。」 「あー、せやせや。  そんでなんだかんだで結局最後は小春が  決めてまうんやったよな、いつも。」 「そんなことないよ~。」 楽しそうに笑うフミちゃんに、少しだけ反論してみる。 けど、実際はいつもそんな感じだった気がするかな。 「ってか、去年の罰ゲームって何やったっけ?」 「えー!忘れるの早すぎだよ~。」 「いやもう結構やっとるからな、ごっちゃんなっとるわ。」 「ホントに~?ハンバーガーだよ、ハンバーガー。」 「あー、そやったな。」 小学5年生のときのの期末テストの罰ゲーム。 『負けた方が勝った方にハンバーガーセットを奢る』 「結果はどうやったんやっけ?」 「ちょっとぉ、本気で言ってる?私が勝ったの!」 「あれぇ、そやったっけ?」 「私がベーコンレタスバーガーセット奢ってもらったんだよ。  確かフミちゃんはダブルチーズバーガーセット頼んでたはず。」 「覚えすぎや。」 「…フミちゃんが忘れ過ぎなだけだよ。」 確かあの日はフミちゃん、鼻に絆創膏してた気がする。 確か学校のジャージ着て…、って、確かにちょっと 覚えすぎかも…。 「でも確かギリギリの接戦やったんやなかったっけ?」 「私の圧勝。」 「そうか~?」 「53点差。正真正銘私の圧勝だったよ。」 「…小春お前、歩く記憶マシーンやな。」 「…何、記憶マシーンて。」 はははっ、と、嬉しそうに笑うフミちゃん。 …もしかして私、からかわれてる? 「小4のときは何やったんやっけ?」 「本当に覚えてないの~?肩揉みだよ、肩揉み。」 「あ~、そんなんもしたなぁ。  で、そんときは俺が勝ったんやったよな?」 「…とぼけてるでしょ?」 「あっはは、やっぱり小春は、からかいがいがあるわ。」 「…むぅ。」 全く、…て言うか、何処からとぼけてたんだろう…。 とりあえず、4年生のときの罰ゲームは 『負けた方が勝った方の肩を揉む。』でした。 「それで、3年生のときは…」 「3年のときは  『負けた方が勝った方に歌をうたう。』  2年のときは  『負けた方が勝った方のランドセルを持つ。』  やったかな。」 体を起こしながら、私に重ねるようにそう言う。 「…なぁんだ、覚えてるんじゃん。」 「そらまぁ、受けた張本人やからな。」 あの頃を思い出しているのか 頭をかきながら、少しにやけてみせるフミちゃん。 そうです、過去5回やってるこのくらべっこだけど 結果としては私の全勝。5勝0敗。 フミちゃんが全然勉強ができないってわけじゃないけど 基本的にいつも私の圧勝で終わっていたし 私自身もなんとなく勝つ自信があったから いつも罰ゲームを考えるとき 自分がやられて嫌な罰ゲームを考えると言うよりは 自分がやってもらって嬉しい罰ゲームを考えて それを結果としてフミちゃんに押しつけていたような気がします。 なんだかんだでフミちゃんも優しいから それにちゃんと乗ってくれていたんだよね。 「フミちゃんの歌、音痴だったなぁ~。」 「うっさい、ってか小春のランドセル重すぎやろ。  どんだけ学校に持ち込んどんねん。」 「あれはわざと必要ないものまで詰め込んでただけだよ~。」 「やらしいな~。」 「ふふ。」 「…で、いっちゃん最初の1年のときは  何したんやったっけ?」 「えっと、一番最初は…」 すぐに思い出せたけど、言うのを少し躊躇ってしまう。 一番、最初は…、小学校1年生のとき、は… 「背中流し…、じゃなかったかな。」 「はは、そやったなぁ。」 「…本当は全部覚えてたんでしょ?」 「小春ほどやないけどな。」 「うるさいなぁ。」 ははっ、またフミちゃんが嬉しそうに笑う。 「でも、懐かしいな~。  俺ら、一緒に風呂とか入ってたんよな。  今思うと、考えられへんわな。」 「うん、…そだね。」 「お互い、素っ裸見たことあるわけやもんな。  そう考えると、なんか照れてまうな。」 「…へ、変なこと言わないでよ~。」 何処までからかうの… でも、そう考えると、凄く不思議な感じがします。 昔は何の抵抗もなく、2人で裸でお風呂に入っていたなんて。 今じゃ絶対に考えられないことだもん。 …… 「…で、今年、やな。」 「うん。」 「ラスト、やな。」 「うん。」 …… 沈黙。お互いにしばしシンキングタイム。 実は私も、まだ何も罰ゲームの案を思いついていませんでした。 これでおしまいって思うと、どうしてもいろいろ考えてしまって。 …… 「なぁ、小春。」 「…ん?」 突然名前を呼ばれて、ちょっとだけびっくりしてしまう。 …再び小さな沈黙。…、その後に 「最後やし、どうせやったら、派手に行かへん?」 その顔が、何処かさっきまでとは違く、真剣に見えて 私は少しずつ、ドキドキし始めていました。
ページトップへ