アバウト

Kune Kune Projectとは

少年少女青年おっさんの羞恥や可愛さを描くことを主目的とした個人サークルです。

自己紹介

  • Kunehiro
  • 漫画とイラスト
  • 妄想と夜散歩(徘徊)
  • Kuneko
  • 小説
  • 人間鑑賞と1人旅
  • Kuneriwo
  • ニコ生
  • 曲作り

5つの嗜好

扱うシチュエーションは様々ですが、一貫する嗜好として、以下の5つを掲げています。(以下、変態的内容多めにつき。)

恥じらい

裸を見られたときの仕草・反応を、「喜び」と「恥じらい」で二極化するとしたら、「喜び」:「恥じらい」=1:9が理想と言えるでしょう。ちなみにこれは女の子に見られた場合のお話で、女の子以外からの場合は、「喜び」:「恥じらい」=3:7程度が、丁度良く人間臭くてとても○です。
何にせよ、大事なのは「羞恥心」であり、それが感情の5割以上を占め、さらにそれが顔から体から余すところなく外部に向け発信されていない限りは、お話になりません。

カッコ可愛い

男の子の性質を、「可愛い」と「やんちゃ」(大人の男の場合は「可愛い」と「カッコいい」)で二極化するならば、「可愛い」:「やんちゃ」=3:7程度の割合をストライクゾーンと定めています。許容範囲は2:8~5:5で、それ以外では触角がピクリとも動きません。
「可愛さ」は決して「やんちゃさ」を超えてはならず、かと言ってやんちゃやんちゃし過ぎていてもダメ。両者の絶妙なバランスから26度ほど傾いた3:7と言う割合を、作者は「カッコ可愛い」と形容しています。

小ぶり

いわゆるモノの大きさですが、いわゆるハンサムボーイのそれが、相対的に見て小さく映ると、そこに萌えを感じる傾向にあります。意外性と、その延長線上にあるであろう恥じらいストーリーに、もう胸は踊るばかり。
しかし最近では、大きくても、それを隠そうとする恥じらいが芽生える確率の高さに気づき始め、サイズ嗜好の定義が曖昧になってきています。
ギャップ萌えならぬヤッパリ萌えとでも言いましょうか。まぁ要は、ちゃんと付いてればいいのです。

微エロ

全作品を通して、あまり過激な性描写は好まない傾向にあります。
たまに冒険したりもしますが、基本的には過激過ぎずがモットーです。
許容範囲は非エロ以上微エロ以下ないしエロ未満となります。

片想い

基本的には両想いの幸せハッピーエンドが好きで、それを望んでいるし、それを描きたいし、現に描いてもいるのですが、本当は片想いにこそ、真の美学が詰まっていると思っています。

CFNMとは

英語のClothed Female Naked Maleの頭文字を取ったものです。和訳すると"服を着た女性と、裸の男性"と言う意味になります。

文字通り、男の子の裸姿を見てしまう女の子の小説、もとい、女の子に裸姿を見られてしまった男の子の小説を書いています。
一口にCFNMと言っても、様々な嗜好がせめぎ合うなかなかカオスなジャンルなのですが、基本的に当サークルが扱う作品は、男主体のCFNMであり、「見られた、見ちゃった、ただそれだけ」程度のエロ要素を含んだものになります。

楽しみ方は人それぞれかと思いますが、見られ、見た両者の、恥ずかしさ・ドキドキ感などが伝わればいいかなぁと思っています。

コメントについて

海外からのコメントスパムがなかなか減らないため、落ち着くまでコメントの反映を全て認証制にしています。コメントが表示されるまで多少時間がかかりますが、確認が終わるまでしばらくお待ちいただけますと幸いです。

リンクフリーとさせていただいておりますが、ご一報いただけると嬉しいです。バナーは、お持ち帰りでも直リンクでもどちらでもOKです。
※リンク先については、indexページ(http://kunex2-project.net/)を指定してくださいますよう、お願いいたします。

一部コンテンツについて

当サイトのコンテンツ「Room」にFlashを使用しています。閲覧にはFlash Playerが必要になりますので、お使いのパソコンに入っていないかたはAdobeのサイトより最新バージョンを導入してください。

権利者の許可なく、当サイトの内容を複写・転載・撮影・再配布等をすることを禁止しています。

ページトップへ