小説

放課後 10

次の日。 待ち合わせ時間は10時。 来てくれるかは分からなかったけど 来てくれるだろうと言う 自信はありました。 ちょっと早めに家を出たんで 9時30分には学校に着きました。 ちょっと早かったかな… と思って図工室に行くと もう外に1足靴が置いてあって 中に入ると重光くんがすでにいて 窓際に立って外を眺めていました。 「おはよー…。」 わたしが声をかけると ちょっと驚いたような顔をして 「お、おはよう。」と返事をくれました。 「早いじゃんか、まだ30分前だぞ。」 「重光くんだって…  わたしより早く来てるとは思わなかった。」 「いや…その…な。  なんかは早くに目が覚めちまって。  ちょっと早めに来てただけだ。」 「そ、そっか。」 「…………  にしても春休みだってのに  ここは鍵もかけてないんだな。  無用心にもほどがある。」 「確かにねー。  でもまぁ盗むものなんてないでしょ、ここ。」 「まぁそれもそうか。」 フフッと2人して笑い 図工室の端っこの机に 隣通しで腰をかけました。 「…えっと、それで今日は…」 ちょっと沈黙があってから 重光くんが口を開きました。 「あ、そうそう、えっとね…。」 本当は何を話すかなんて 何も考えてきてませんでした。 とりあえずお礼を言わなきゃって思ったけど 一番に理由はただ 2人で会いたかったってことでした。 こんなこと言えるわけないけどね。 「あの…昨日。  ありがとね…かばってくれて。  しかもあんな恥ずかしいことまでさせちゃって…。」 「え…いやあれは、オレがじゃんけんに負けただけで。  長澤が謝ることじゃない…うん。」 「でも、わざと負けてくれたでしょ?  とりあえずお礼言わなきゃと思って…  わざわざ呼び出したんだ。  …ホントにありがとね。」 重光くんの顔を見ながらそう言うと 一瞬目が合い 重光くんはすぐ目をそらすと 「お、おう。」と言って顔を赤くしてました。 良く分からないけど 嬉しそうでしたね。 なんであそこまでしてくれたの…? その質問もしたかったけど 恥ずかしくてできませんでした。 10秒くらい沈黙があって どうしよう…と迷っていると 「ブラ…」と重光くんが声を漏らしました。 「え?」わたしが聞き返すと 「その…ブ、ブラジャー…  してなかったんだろ。」 重光くんは顔を合わせようとはせず 目の前を見つめながらそう言いました。 予想外の発言と的中に 頭は真っ白、顔はポッポと熱くなり。 「な、なんで…知ってたの…!?」 ビックリしてわたしが更に聞き返すと 「し、知ってたわけじゃねぇよ!  ただ長澤って…その…他の奴らと比べて…  胸がないと言うか…」 重光くんはわたしの胸に視線を向けながら 照れながらそう言い放ちました。 頭に血が上る音が聞こえました。 やっぱり男の子って そういうとこ見てんだ… おっぱい小さい奴だと思われてたんだ… そう思うと顔から火が出そうになるくらい 恥ずかしくなりました。 自分だって… あんな小さいおちんちんのくせに! 心の中で叫んでやりました。 …実際言えるわけなんてない台詞だったけど。 明らかに狼狽するわたしを見かねて 重光くんは慌てて付け加えました。 「い、いや…だからその…!  上着脱いだら大変なことになっちゃうなーって。  それに長澤の裸をあいつら2人に見られるのなんて  絶対嫌だったからな!」 …え? その言葉に一瞬空気が止まりました。 重光くんもわたしと同じこと 考えてたんだ。 他の2人に見られたくないって…。 昨日の安藤くんの話が 頭をよぎりました。 もしかしたら本当に 重光くんもわたしのことを 想ってくれているのかもしれない…。 とにかく会話を続けなきゃと思って 「わ、わたしも!  重光くんの裸をさゆと由香子に見られるのは  なんか凄くヤだった!  だから…その…あんなことしちゃって…  …ごめん。」 昨日自分がした行動が甦って また恥ずかしくなちゃいました。 「い、いやアレは…  流石にちょっとビビッタけど…  全然その、気にしてないから…。」 重光くんも昨日のことを思い出してか また顔を赤くして 頭からは汗が垂れ始めていました。 またちょっと沈黙があって 重光くんがそれを破るように またまた信じられないようなことを言ってきました。 「オ、オレ…  胸が小さい奴とか…  別に嫌いじゃないから…。」 まぁ顔がカーーーッと熱くなって 重光くんの顔を見るのも 恥ずかしくなっちゃいました。 今日何回「胸が小さい」って言われたんだろう…。 そう言うと 更に重光くんは続けて 「長澤は嫌いか…?」 「…え?」 重光くんの質問の意味が良く分からなくて わたしが聞き返すと 「いやだから…、小さい…男。」 照れながら、でも 本気で気になるような口調で そう聞いてきました。 「…なに…が?」 そんなの分かっていたけど ちょっと意地悪が働いたのか 更に聞きなおすと 「いや…そのだから…  ち、ちんこ…だよ。  み、見ただろ?…オレの。」 やっぱり気にしてたんだ…。 言っちゃ悪いけど やっぱりホントにちっちゃかったもんね。 さゆと由香子も言ってたし…。 恥ずかしながらにそう言う重光くんは 今まで見たことないよう顔をしていて なんか可愛いなーって思っちゃいました。 女の子の前で そんな卑猥な言葉を発する重光くんにも ちょっとビックリしましたけどね。 とりあえずちゃんと答えなきゃ…。 そう思って 「別に…わたしも小さいとかなんて  全然気にしないよ…!  大きさじゃないって言うか…その…  そう!凄い可愛かったし!」 もう何を言っているのやら… 見た、小さかった、可愛かった。 全てを肯定した言葉になっちゃいました。 重光くんは恥ずかしそうに口をしょぼめ やっぱり顔を赤らめ ちょっとショックを受けてるようでした。 「いや…その…  とにかく、ホントにありがと。」 重光くんの顔は見ず 机を見つめながらそう伝えました。 「…嫌いになってないか?」 「…え?」 少し間が空きそう言うと 「…オレのこと。嫌いになってないか?」 そう加えました。 重光くんも机をじっと見つめているようでした。 わたしは重光くんのほうに向き直して 「…嫌いになんてなるわけないよ!  むしろ…」 …ずっと好きだった。 そう伝えられれば どんなにいいだろうと思い続けた2年間。 でも恥ずかしくてやっぱり声にならない。 重光くんも真っ赤な顔をわたしに向けて わたしの言葉の続きを 待っているようでした。 …言おう。 好きって。 大好きって。 そう決心が付いて 深呼吸を1つして 言葉を発しようとした瞬間。 …キーンコーンカーンコーン…。 あっけに取られる わたしと重光くん。 チャイムが鳴り終わる10秒間くらい わたしたちはただ 見つめ合っていました。 永遠にすら感じた長い沈黙。 このまま時が止まればいいのにと 本気で願いました。 チャイムが鳴り終わると 空気を戻そうと重光くんが 「や、休みでもチャイムって鳴るんだな。  はは…」 そう言いながら立ち上がり 窓際に移動し外を見つめていました。 「そ、そうだねー…ちょっとビックリ…。」 重光くんの後姿を眺めながら そうつぶやくわたし。 すると重光くんは 図工室にかかった時計を見て 「あーそっか…。」とつぶやきました。 時計は10時30分を指していました。 「オレ、市民体育館で、バスケの練習試合なんだ。  準備とかあるし…そろそろ帰らなきゃ。」 そう言って申し訳なさそうな顔を わたしに向けてきました。 「そ、そうだったんだ。  ごめんね!そんな日に呼び出しちゃって…。」 「いやそんな…オレもその…会いたかったし。」 照れる重光くん。 もうお互い、相手の気持ちには 流石に気づいてるはずでした。 「じゃあそろそろ…」 「うん、今日はありがと。  …わたしも帰るかな。」 そう言って2人して図工室を出ました。 外に出て向き合うわたしと重光くん。 言葉が見つからずに どうしようか迷っていると 重光くんが右手を差し伸べてきました。 「え?」っと思うと 「…握手。」 左手で鼻を掻きながら 重光くんは顔を赤らめそう言いました。 「う、うん…。」 わたしも右手を差し出す。 そう言えば重光くんの手 初めて握ったな…。 握手をしながらちょっと沈黙…。 ドキドキしながら待っていると 「…5年でも、一緒のクラスになれると良いな。」 最後にそう言ってくれました。 わたしも誰よりも望んでいた願い。 重光くんもそう思ってくれていた…。 「…うん!」 満面の笑みで答えるわたし。 重光くんも嬉しそうに笑い返してくれました。 「じゃ!」 そう言って手を離すと 「また4月に。」と言って後ろを向き 歩いていきました。 「試合…頑張ってね!」 そう叫ぶわたしの言葉に 後ろ向きで 右手を上げて答える重光くん。 そんな彼の姿を 小さくなるまでただただ 見つめていました。 大好きな人のおちんちんを 目の前で見てしまった。 ただそれだけでも凄いことなのに 自分自身の手で そんな彼のパンツを脱がせてしまった。 そして…触ってしまった。 更にはそんな重光くんの気持ちを 知ってしまった。 きっとわたしのことを 想ってくれている…。 顔が火を噴くほど恥ずかしくて でも嬉しくて夢みたいで… 昨日からの感情が 一気にこみ上げてきました。 結果的にめっちゃ舞い上がってましたけどね。 あの放課後がなければ こんな気持ち きっと味わうことは出来なかったんだろうな。 小さくなる重光くんの姿を見ながら 5年生になったら 絶対この気持ちを言葉で伝えるんだ、と 心に誓い 重光くんと反対方向に 歩き始めました。 見上げると 突き抜けるくらい青く晴れた空――― あ、今日から春休みだったんだ。
-おしまい- ...continued to 『部活後』
ページトップへ