日記

恥ずか仕草 4

(2012年2月5日 20:11)

『口元隠し』

恥ずかしさを隠すために
口元を隠す、と言うのも、
人間の特性のような
気がします。

「穴があったら入りたい」の
簡易版って感じなんですかね。

掌で隠す、手の甲で隠す、
袖で隠す、腕で隠す…
いろいろバリエーションは
ありますが、
一番萌えるのは、
「服のネック部分で隠す」
ですね。

チャックを完全に上まで上げた時に、
首元がすっぽり隠れるような
ジャージ等のアウターを着ているときが発生条件、ですね。

口元をネック部分にうずめて、頬を染め染め照れていたら、
「ん?…んっ?……、…んっ!?」ってなりますね。
照れ隠しのつもりかもしれないけど、
逆にアピールになっちゃってるよっつって。

本人の意思とは裏腹な逆効果感がたまらな いですね。
それに本人が気づいて、結局恥じらいがプラスされてしまう様も
また良いですね。

人間ってホント、面白い生き物ですね。


にほんブログ村 漫画ブログ 同人・同人漫画(ノンアダルト)へ

ランキング参加中です!

この記事へのコメント

コメントを残す

※名前と本文以外は必須項目ではありません。


ページトップへ