CFNM日記

曖昧サンドイッチ 6

(2011年12月17日 19:59)

「えーーーーーーーー!!」
「ホントにーーーーー!?」

久音ヶ丘北小学校2年3組。
給食の時間。
何やら、盛り上がっている様子。

「なんでー?普通じゃない?」
「普通じゃないよ~。」
「へー、すげーなぁ。」

会話の中心にいるのは、3班の舞。

「だってお兄ちゃんだもん。
 一緒に入ったって、全然普通だもん。」

どうやら、福と一緒にお風呂に入っている話を、
班の友達に話したらしい。

珍しい話題と言うものは、すぐに広がるもので、
クラスのみんながみんな、3班の話に釘づけだ。

担任の新米先生も、何食わぬ顔をしながら、
生徒たちの会話を、ドキドキしながら聞いている。

「お兄ちゃんに裸見られて、
 恥ずかしくないの?舞ちゃん。」
「ぜーんぜん。」

そんなわけないじゃん、と、舞。

「えー、あり得ねー。」

人一倍驚くのは、意外にも浦川くん。

「なんで~!?
 浦川くん、いっつもみんなの前で、
 平気な顔して出してるじゃん!」
「確かに~。」
「やだぁ。」
「そうだよ、何も恥ずかしくねぇだろ浦川は。」
「はっはは。」
「いや、姉ちゃんに見られんのは絶対無理。
 恥ずかし過ぎるって~。」
「何それ~。」
「何だよそれ~。」

はっはははは!と、笑いに包まれる教室。
ホント、なんだそれ。

「じゃあさ、滝本もさ、
 兄ちゃんの裸、見てんだ?ちんちんとか。」
「うん、もちろん!」
「うっそーー!!」
「やだぁー!!」

新米先生が、箸で掴んだミニトマトを、落とす。

「はっはは!」
「いいな~。」
「えっ?」
「あっ…、…。」
「あのねあのね、お兄ちゃんの、おち、じゃなくて、
 あの、えーと、あの、アレ!あれ、ね!
 すっごいおっきいんだよ!!」
「えーーーーー!!!」
「舞ちゃんやだぁーーー!!!」
「あっはははは!!!」

新米先生が、豪快にシチューを、こぼす。

「なぁなぁ、浦川のと比べたら、
 どんくらいデカいの?」
「ぅぉいっ!!」
「えっとね~。んっとぉ、
 浦川くんのがこれくらいだとしたらぁ…、
 こーんくらい、おっきい!!」
「えーーーーー!!!!」
「でっけーーーーーーー!!!!」
「かっけーーーーーーーー!!!!」
「やだぁーーーーーー!!!!」

新米先生が、揚げパンを詰まらせて、むせる。

「そんでねそんでね!
 舞の前でね、こやってね。
 ふ~んふ~んぶ~らぶ~らソーセージ~。
 って、やってくれるんだよ!!」
「やだぁーーー!!!」
「あっははははは!!!」
「おっもしれーーーー!!!」

新米先生が、口に含んだ牛乳を、大胆に吹きこぼす。

「そんなんオレだって出来るもんねっ!!」

おもむろに立ち上がる浦川くん。
迷うこともなく、一息でパンツごとズボンを下ろし、
下半身を露出する。…と、

「ち~んち~んぶ~らぶ~ら
 ソーセージ~。」

誇らしげに、福の真似をする浦川くん。

「きゃーーーーーー!!!!」
「やだぁーーーーーー!!!!」
「さいてーーーーーーー!!!!」
「おいっ!!食事中っ!!!」
「あっははははは!!!」
「ぜんぜんちがうーーーー!!!!」
「きゃはははは!!!」

度々起こる、お祭り騒ぎ。
いつも、浦川くんが原因。

「せんせー!!
 浦川がちんちん出してるーー!!!」

チクられ、さすがに自粛するのかと思えば、
果敢にも、先生の机の前に踊り出て、

「ち~んち~んぶ~らぶ~ら
 ソーセージ~。」

を、披露する。

先生の牛乳が倒れ、中身がドクドクと流れ出す。
もう、お盆の上はグチャグチャ。

「こ、コラッ!!!
 そ、ソーセージしまいなさいっ!!!」

咄嗟に、ついつい、
教え子の大事な部分を、食物に例えてしまう。

「ソーセージだって~!!!
 先生エンローーッ!!!!」
「あっはははは!!」
「おもしれーーーー!!!!」
「いやだもーーーう!!!!!」
「きゃっはははは!!!」
「……ッ!!!!!!」

クラス中が爆笑の渦。
周りのリアクションに、浦川くんはもう大満足。

「いひひ。」

やり切ったとばかりの笑顔を浮かべ、
ソーセージをしまう。

祭りの余韻はなかなか消えず、
みんなのハイなテンションも、なかなか消えない。

「…ふぅ。」

心を落ち着かせ、食事に戻る新米先生。

なんとか1つずつ片付けていき、
奇しくも最後に残ったのは、1本のソーセージ。
よりにもよって、なんで今日…。

生徒の視線をチラチラと気にしながら、
慎重に、最後のそれを摘み、
急いで、でも、それでいて優しく、
口の中へと転がす。


にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へ

ランキング参加中です。
ポチッと押していただけるとランキングが上がりますので
よろしくお願いいたします~。

この記事へのコメント
  1. 浦川くんみたいな児童いるんですかね

コメントを残す

※名前と本文以外は必須項目ではありません。


ページトップへ