CFNM日記

神事 狸相撲 2

(2012年10月25日 22:00)

「宏太~、いけーー!!」

両親からの声援。幾分力が入る宏太。

「いけー!海斗~!負けんなー!!」

こちらはクラスの女の子からの声援。
一瞬目を見開き、口元をキュッとすぼませる海斗。
いけないいけない、すぐさま凛々しい顔つきに戻す。
俄然、力が入る。

少し染めた頬は、彼女への好意の表れであろう。

負けるわけにはいかない、いいところを見せたい。
その思いが、宏太のそれに負けるはずもなく。

―ドーーーンッ!!

「おおおおおおおおおおおおおおお!!!」

みなぎり滾った力に任せ、思い切り宏太を押し倒す。


にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へ

ランキング参加中です。
ポチッと押していただけるとランキングが上がりますので
よろしくお願いいたします~。

この記事へのコメント
  1. いつも読んでます
    更新頑張ってください

    • ありがとうございます。
      ゆっくり更新ですが、お楽しみいただければ~。

コメントを残す

※名前と本文以外は必須項目ではありません。


ページトップへ