CFNM日記

神事 狸相撲 6

(2012年12月5日 00:25)

神事 狸相撲 6

ただ羞恥を振り切るために逃げてきたはいいものの、こんな生まれたての姿で向かえる場所など何処にもあるはずがなく。ざわめきが耳から離れない、でも、せめて誰からも隠れるように、大きな木の陰にうずくまる海斗。 少しもせずして、誰かがゆっくりと、きっと恐る恐る、近づく。手にほどけたマワシを握り締めた少年、宏太。 「あ、…あの、…海斗…、あの…」 完全に自分のせいで萎れる海斗に、かけてあげられる言葉などある訳… [ 続きを読む → ]

ページトップへ