CFNM日記

曖昧サンドイッチ 3

(2011年11月24日 00:22)

「えーーーーーー!!!」
「マジかよっ!!!」

久音ヶ崎中学校3年3組。給食の時間。
教室内は何故か、異様な盛り上がりを見せている。

「なんで?別に普通でしょ。」
「普通じゃないよっ。」
「俺ならぜってーあり得んわ。」
「俺も俺も。」

騒ぎの中心にいるのは、3班の愛。

「だって、姉弟だよ?
 一緒に入ったって全然おかしくないじゃん。」
「いやいやおかしいよ。」
「さすがにその年で、弟とお風呂は、
 信じられない。」
「うんうん。」
「…ってかマジ?…マジで!?」
「マジだって。」

どうやら、どう言う会話の流れか、
福と一緒にお風呂に入った話を、友達にしたらしい。

「でも、さすがに体は隠して、でしょ?」
「あたりめーだろ。」
「え?別に、何も隠してないけど。」
「えっ。」

クラスのみんなが一斉に驚く。

「嘘…、ま、丸出し?」
「うん。」
「弟の前…、なのに?」
「もちろん。」
「マジ…、かよ…。」
「…っあー!!
 今浦川、愛の裸想像したでしょ~!!」
「し、してねーしっ!!」
「うわぁ~、…最低。」
「うっは!浦川エッロ!!」
「本日のエロ川いただきましたーーー!!!」
「だからっ!してねぇって!!」
「エーロ川!エーロ川!!」

安定のエロ川コール。

「そ、そんなこと言ったら、滝本なんて、
 弟のちんこ見てるわけだろっ!?」
「うん、見てるよ。」
「…っ。」

潔すぎる即答に、一瞬萎縮する。

「…じゃ、じゃあ、
 俺なんかより数倍エロいじゃねーか!!
 ほらっ!!
 エーロ本!エーロ本!!エーロ本!!!」

浦川の煽りも虚しく、

「エーロ本、エーロ…、本…、……ェ…」

誰1人の賛同者も得られず、静かにデクレッシェンド。
…休符。

「でも、弟小6でしょ?
 よく一緒に入ってくれるよね。」
「うんうん、恥ずかしくないのかな。」
「別に、だって姉弟だよ?
 恥ずかしがる方が、おかしいよ。」

実際福は、少し恥ずかしがっているように見えたけど、
そこはあえて伏せて、盛っておいた。

「そうだ。
 浦川だって、小6の妹いるって言ってたじゃん。
 一緒に入ったりしないの?」
「し、しねーよ!
 するわけないだろ、あり得ん、あり得んあり得ん。
 ないないないない。」

大げさなジェスチャー付きで、ないないないない。

「いや、浦川とは入らんだろ、さすがに。」
「あぁ!?」
「確かに。」
「うんうん。」
「絶対無理。」
「あり得ないね。」
「…………。」

浦川、悲しみフルボッコ。

「…んま、実際は小6なんて、まだガキだしな。
 見られても大して恥ずかしくないって考えも、
 分からなくはねぇかな。」

急に無理をして、今度は愛側に付こうとする浦川。
…と、

「でも、うちの弟の、
 浦川のよりは大きかったよ。」

そんなことを、悪戯な笑顔で言い放つ愛。
一瞬、固まる教室。

なんでそんなことが言えるのか。それは、
先日のプールの授業で、浦川が、
水中で海パンが脱げたことに気が付かずに、
悠々とプールサイドに浮上し、
クラス全員の前でご開チンしてしまったという、
何とも情けない珍事件があったのだ。

クスクスクス…。
あれは…(笑)
やだぁもう…。

例のアレか、そりゃそうだよな、と、
思い出し、吹き出し、恥じらい、やっぱり吹き出し、
思い思いに、静かにザワザワするクラスメイトたち。
浦川は、ただ1人、孤立無援、四面楚歌、顔面真赤。

「………っ!!
 ああーーーもうっ!!!」

おもむろに立ち上がる浦川。

「余ったプリン、俺がもらうからなっ!!!」

そう吐き捨て、給食台のある廊下へ駆けていく。

「あーーー!!!ずりぃぞチン川っ!!!」
「じゃんけんだぞっ!!!」
「おいっ、粗チン川待てっ!!!!」
「うるっせーーー!!!!!」

プリン目当ての男子が、続々と浦川に続いていく。
給食のプリンは、いつの時代も貴重だ。



「まーた始まった。」
「男子はこれだから…。」

残った女子が、やれやれと見下す。

「でもさ、」

男子がいないのをいいことに、

「あれはやっぱりちっちゃかったよね。」

あの珍事件をぶり返す。

「まぁ、生えてただけましじゃない?」
「やだぁ。」
「さすが愛、敵わないわ。」

くすくすくすと、笑いが漏れる。


にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へ

ランキング参加中です。
ポチッと押していただけるとランキングが上がりますので
よろしくお願いいたします~。

この記事へのコメント

コメントを残す

※名前と本文以外は必須項目ではありません。


ページトップへ