CFNM日記

曖昧サンドイッチ 4

(2011年12月2日 22:39)

―ワイワイワイ…。
―ガヤガヤガヤ…。

久音ヶ丘北小学校、2年3組の教室。
只今、2時間目のプールの授業を終えた後の休み時間。

「男子~、早く着替えないと、
 先生来ちゃうよ~!!」

小学校低学年の生徒たちは、プールの着替えを、
教室に戻ってきてからすることになっている。

次の授業が始まるまで、あと5分ほど。
なのに、まだ海水パンツ姿の男の子が数名残っている。

「なぁなぁ浦川。またあれやってよ。」
「はは、いいぜぇ別に。」

女子の忠告などには全く聞く耳を持たずに、
ひそひそと何やら企てる、スカートタオルの上裸集団。
…と、

「…いくぜ?
 いっせーの!!」

―ストーーーーン…!!

全く躊躇う様子もなく、腰巻いたスカートタオルを、
勢い良く下に落とす1人の男の子。もとい、浦川くん。

下の海水パンツは、もう脱ぎ終わっている。
しかし、まだパンツは履き終えていない。故に、
当然のごとく、男の子の象徴が元気良く飛び出す。

「きゃーーーーーーー!!!!」
「もーーーーーーう!!!!」

女の子たちの甲高い声が、教室内を包む。

「へへーーん。」

得意気に、自分のものをプルプルと揺らし、
そのまま、女子たちの輪の中へ突っ込んでいく浦川くん。

「きゃーーーーーー!!!!」
「さいてーーーーーー!!!!」
「浦川くんパンツ履いてよーーー!!!!」

追いかけてくるすっぽんぽんの男の子に、
面白いように、一塊になって逃げ惑う女の子。

背を向け、顔を手で覆い、”私見てない”のアクション。
実際は、滅多に見ることのできない、
自分たちには付いていないそれを、
定期的に、チラチラと、確認しているようだ。

「きゃーーーーーーー!!!!」
「やだぁーーーーーーー!!!!」

飽きることもなく、嫌がる演技で、
浦川くんから逃げる女子達。

「あっはははははは!!!!」
「浦川ばっかでぇーーー!!!」

対照的に、教室内のお祭り騒ぎに、
ただただ大喜びの男子達。

そんな男子の輪に混じる、女の子が1人。

「あっははははは!!!」

可愛らしい無邪気な笑顔で、
素っ裸で奔走する浦川くんを、指差し笑っている。

滝本家次女、滝本舞。
滝本家末っ子の女の子だ。

「何やってんの舞ちゃんっ!!
 一緒に逃げようよぉ!!」
「なんで~?
 あっはははは!!おちんちん揺れてる~!!!」
「もーうっ!!」
「こらー!!何騒いでるのっ!?」

教室のドアがガララッと開き、先生が登場。

―キーンコーンカーンコーン…。

一瞬静止する教室に、チャイムの音が響く。

「…!!!…コッ、
 コラッ!!浦川くんっ!!!」

騒ぎの元凶であるであろう、すっぽんぽんの浦川くんを、
すぐさま見つけ、指摘する。

「やっべ!!」

浦川くんのそれを合図に、
ドタバタと自分の席に戻り始める子供たち。

「へい浦川っ!!パンツッ!!」
「サンキュー!!」

巧みなチームワークで、ものの20秒足らず、
全員服を着て、席に着く状態が完成する。

―くすくすくす…。
―もうありえなーい…。
―くくく…。

形は整えど、コソコソ話はなかなか消えない。

「全くもう…。」

なんだか顔が赤い。
どうやら、一番動揺しているのは、
この新米の先生のようだ。

「…ぷぷぷっ。」

可笑しくてたまらない。

笑いが漏れる教室内で、
舞の笑顔が、一際、はじけて見えた。


にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へ

ランキング参加中です。
ポチッと押していただけるとランキングが上がりますので
よろしくお願いいたします~。

この記事へのコメント
  1. 携帯版が見れないー(><)
    どうしちゃったの?

  2. 見れました

    kuneさんありがとうございますm(__)m

コメントを残す

※名前と本文以外は必須項目ではありません。


ページトップへ