CFNM日記

雑草と太陽 3

(2012年5月2日 22:00)

次の日、の放課後。
ホームルームも終わり、先生のいなくなった教室で、
鹿島の登壇によって帰宅を阻まれるクラスメイト達。

―なになに~。
―なんだなんだ。
―早く帰りたいんだけど~。

口々に愚痴が飛ぶ。
そんなみんなをまぁまぁとなだめながら席に着かせ、
教壇の前に立った鹿島、とノリから、コトが説明される。

「今日このあと、俺と大野で50m走をする。」

―え~。
―なんで~?
―昨日やったじゃん。

「俺が鹿島に、再戦してほしいって、
 昨日あの後申し込んだんだ。」

―あ~。
―なるほど~。
―男のプライドってやつ?
―男だね~。

「そう言うこった。
 んなわけで、俺と大野、本当はどっちが速いか、
 みんなに証人として見ててほしいから、
 暇な奴は見に来てほしい。場所は昨日と同じ。」
「よろしく頼む。」

―ふ~ん。
―どーせ暇だし、別にいいけど。
―わたしピアノだから無理。
―俺早くゲームしたいし。

「とりあえず、来れる奴は頼む。
 以上!」

2人の宣伝が終わり、一旦解散するクラス。



放課後、の、放課後。
昨日と同じ校庭の隅。
結局、何人かは帰ってしまったけれど、
15人くらいは残ってくれた。

方法は昨日と同じ。
ただ、先生はおらず、非公式だからタイマーもなし。
単純に、どちらが速かったかを、
ゴール地点で待機するみんなで判定する。

「ねぇねぇ、どっちが勝つと思う?」
「え~、そりゃあ、鹿島でしょ。」
「だよね~。」
「分かんねーよ、再戦頼んだくらいだもん。
 大野の奴、昨日は全然本気出してなかったのかも。」
「え~?ホントに~?」

いろいろな思惑が飛び交う中、
そんなにみんなの時間を割くわけにもいかないので、

「んじゃ始めるぞ~。」

スターター役がみんなに呼びかける。
位置に着く鹿島とノリ。
思わず息を飲むクラスメイト、と、僕。

「位置に着いて、」

…ゴクリ。

「よーい、ドン!」



昨日と同じように、勢いよく踏み出す2人。

―ダッダッダッダッダ。

昨日と同じように、響く音。

―おー!
―頑張れー!
―はやーい!

昨日と同じように、上がる歓声。…そして、

―ダッ…!…ッタッタッタッタ…

昨日と同じように、結果は…

「鹿島の勝ちー!!!」

全員一致で、そう、声を揃える。
僕は、無言を呈してしまった、…けど、
誰が見ても間違いなく、鹿島の勝ちだった。

「っしゃーー!!!」

ガッツポーズを掲げ、
ウイニングランとばかり戻ってくる。

「さっすがーー!!」
「かっこいーー!!!」
「ですよね~。」

そんな鹿島を、盛大に受け入れるクラスメイト。
…一方、ノリは、

ただただ悔しそうに、地面だけを見つめ、
ゆっくりとこちらへと向かってくる。

盛り上がる輪の中に、入ることなんて出来ずに、
ただ一言、鹿島に、

「…対戦ありがとう。」

目も見ずにそう言い、ランドセルも持たずに、
何処へともなくゆっくりと消えてしまった。

「なんでー、変なの。」
「なんつーかまぁ、結局鹿島の圧勝だったな。」
「当たり前だろ。」
「ひっどーい。」
「はは、それ大野に言ったら凹んじまうぞ。」
「あっははは。」

鹿島を囲み、そんな話で盛り上がるみんな。
僕はと言うと、その中に入ることなんで出来るわけもなく、
こっそりと輪を離れ、小走りでアスファルトの段差へ。
自分のとノリのランドセル、2個を抱え、その場を後にする。

「あれ、小池?」
「大野んとこ行くんじゃね。」
「あー。」
「あの2人、仲良いよね~。」
「なんでも、デキてるんじゃねーかって噂だぜ。」
「えっ!?」
「マジかよ。」
「おいおい。」

…っ!?
そんな声が聞こえた気がして、
取り乱して転びそうになるも、グッと態勢を戻し、
何処へともなく向かった。


にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へ

ランキング参加中です。
ポチッと押していただけるとランキングが上がりますので
よろしくお願いいたします~。

この記事へのコメント
  1. いい感じo(^-^o)(o^-^)o

コメントを残す

※名前と本文以外は必須項目ではありません。


ページトップへ