CFNM日記

セキメンクエスト

(2011年11月3日 14:10)

勇者♂   (16) 性格:がんばりや。魔法使いにドキドキする日々。武道家♀  (13) 性格:むっつりスケベ。勇者に憧れている。僧侶♀   (16) 性格:ツンデレ。本当は勇者が好き。魔法使い♀ (25) 性格:セクシーギャル。勇者を可愛く感じている。僧「ちょっと、もっとシャキッと歩きなさいよ!!  シャキッと!!!」勇「…これ以上シャキッとなんて出来ないよ。」僧「ほんっと、しょうも… [ 続きを読む → ]

よくある川遊び風景

(2011年10月21日 20:34)

「せっかくだから泳ごーぜっ!!」 学校帰りに、大幅に寄り道をして、 人気の少ない川べりまでやってきた6班のメンバー。 ダイスケ、シュンヤ、ハルカ、リサコ。 「えー、服濡れちゃうよ。」 「いや、水着あんじゃん。」 「でも濡れてるし、使ったあとだし。」 「入っちゃえばそんなん関係ないって!」 「えー。」 今日の3時間目はプールの授業だった。 故に今、みんな水着(使用済み)を持っている。 「どうする?ハ… [ 続きを読む → ]

成長くらべっこ 23

(2011年9月19日 01:19)

成長くらべっこ 23

「その机の上でいいんじゃない?」 「ホンマかぁ?2人とも入るかいな。」   ―成長するって、凄く不思議なことだなぁ… ふと、そんなことを思う時があります。   「…ってか、ホンマに撮るんかぁ?」 「記念だよ、記念!」 「じゃあ別にこの恰好でもええやろ?」 「ダーメ!手で隠すの! 私だって手で隠してるんだから。 はいはい、早くタオル取って。」  … [ 続きを読む → ]

成長くらべっこ 22

(2011年9月13日 21:53)

膝立ちの状態、少しフミちゃんを見下ろす態勢のまま 自分のパーカーのチャックを摘み 自分でもビックリするくらいに躊躇なく それを、ジーーーーーーッと、下していく。 パッ―。 最後まで下ろしきり、前を開き 右袖、左袖と、脱ぎ去っていく。   なんでだかは分からない。 でも、なんとなく、こんな展開になるんじゃないかなって、 自分はこうしてしまうんじゃないかなって思ってたから、 パーカーの中には… [ 続きを読む → ]

成長くらべっこ 21

(2011年9月7日 20:26)

パサッ………―。 微かに耳に届く、何かが落ちる音。 と同時に失われる、目の前の、白。 手元に何かが重なる感触を、 私の脳の端の端の端の、ごく一部の部位が感じ取る。 重さや温度は、感じない。 それが何かも、今は判断できない。する暇も予定もない。 ありとあらゆる機能を放棄した私の体は こじつけとばかりに、捨てられたそれらを 視覚へと絶妙に変換し、私に押し付ける。 白… [ 続きを読む → ]

成長くらべっこ 20

(2011年9月1日 02:27)

―ハラリ。 急に解かれたタオルに、 一瞬の焦りを思いっきり顔に出してしまう。 …けど 解かれたタオルは、大事なところだけはまだ、しっかりと隠していた。 大事な部分だけを押さえた状態で、タオルを解いたんだ。 床に付く程に、ダラーンと垂れるタオル。 そのガードの放棄によって現れる、あそこ以外の下半身。 腰に巻いていたら絶対に見えることのない 太腿とお腹を区切る筋が、左右ともくっきりと見えて… [ 続きを読む → ]

成長くらべっこ 19

(2011年8月23日 20:40)

ドックーン、と、大きく跳ね打つ心臓。 …来るっ……!!! 緊張と、興奮と、恐怖と、微量の申し訳なさから 私は咄嗟に視線を逸らしてしまう。 …はぁ、…はぁ…、はぁ…… ゆっくりと、…視線を…、戻す…、…と     …&#823… [ 続きを読む → ]

成長くらべっこ 18

(2011年8月16日 20:43)

「ふぃ~、あっついなぁ~……。」 パンツ1枚姿のまま 勉強机の引き出し中から、やたら大きいバスタオルを取り出し 私の方を向きながら、体中の汗を拭きとっていく。 恥ずかしそうに、腋の下の汗も拭きとる仕草は 何とも男の子らしい、男の子特有の動作のように見えて フミちゃんのお風呂上りって、こんな感じなのかな~、なんて 勝手に想像して、勝手にドキドキしていたりもした。 &#8230… [ 続きを読む → ]

成長くらべっこ 17

(2011年8月8日 23:32)

「…よっしゃ。 んじゃ次は…、…と、もう、選択肢は 1つしかないわな。」 そう言って、ついに下のズボンへと手をかけるフミちゃん。 ………!!! 「…へっ……!」 「…あぁ、大ジョブや大ジョブ。 さすがにノーパンやないわ、ちゃんと履いとるわ。」 …と、そ、そうだよね&#… [ 続きを読む → ]

成長くらべっこ 16

(2011年8月1日 23:18)

「じゃー次は、上か、下、やな。 さぁ小春、チョイスや!」 恥じらいを隠しているつもりなのかな。 顔には完全に出てしまっているけど ノリは一貫して最初のまま、自分の役の全うを続けるフミちゃん。 「……え、…えっと………」 いや、それは普通の流れで言って… 「…う、上……、かな&#8… [ 続きを読む → ]


ページトップへ