小説

放課後 8

まず始めに耳に入ってきたのは さゆと由香子の「きゃー!」という 小さな悲鳴。 そのあと安藤くんと加賀美くんの 「マジかよ!」と言う声と 笑い声が聞こえてきました。 わたしが目を開けると 目の前には重光くんの足と クルクルに丸まった ボクサーパンツが見えました。 そしてそれを両手で掴んでいるわたし。 ちょっと視線を上げれば きっとそこにはまだ一度も見たことがない 男の子のおちんちんがあるんだろう。 しかも大好きな重光くんの…。 わたしのためにわたしをかばって すっぽんぽん姿をみんなに見られている 重光くん。 本当に申し訳ない気持ちで一杯だったけど 見てみたい気持ちがあったのも 嘘ではありませんでした。 わたしは丸まったボクサーパンツを見ながら 心の中で更にもう一回 『ごめん…!』とつぶやき 見てみたいという気持ちが抑えきれずに 一気に視線を さっきの場所に戻しました。 ちょろん。 …え? そこには重光くんの体には 明らかに不釣合いなくらい小さなおちんちんが ちょろん、と くっ付いていました。 おちんちんを見たことがなかったわたしでも 小さいと言う判断が出来るほどでした。 更にその下には 2つのたまたまが入っているらしい 袋状のものが 垂れ下がっていました。 わたしはただ呆然と 5秒間ほど初めて見るそれを 眺めていました。 「おい、こんな小さいちんこ  オレ初めて見たぞ。」 「オレも…へぇ、高橋がねぇ…w」 そう言って少し笑いながらも 興味津々といった感じで横から覗いている 安藤くんと加賀美くん。 「やだー見ちゃったよ!高橋君のおちんちん…。」 「わたしも…  ってゆうか弟のよりちっちゃいかも。。」 後ろから聞こえてくる さゆと由香子の声と くすくすと言う笑い声。 その話し声を 全て聞いているであろう重光くんは まっかっかの顔を天井に向け 目を閉じ そのときが終わるのを ただ待っているようでした。 もちろん警告通り 隠したりは一切せず。 パンツ下ろしてから 10秒くらい経ったかな。 最初は 重光くんのおちんちんを見ちゃったっていう 衝撃と恥ずかしさで 頭が一杯だったけど わたしの感情は 重光くんのおちんちんを さゆと由香子には見られたくないっていう 嫉妬心のようなものに シフトしていました。 自分でも良く分からなかったけど 他の女の子には どうしても見られたくなくて…。 後ろから聞こえる 2人のくすくすという笑い声が 妙に大きく耳に響いて 気が付くとわたしは 自分でも信じられないような行動に出ていました。 「いやぁ!見ちゃ駄目!」 咄嗟にわたしはそう叫ぶと とにかく 重光くんのおちんちんを隠さなきゃという 衝動に襲われたんでしょう。 次の瞬間わたしの両手には あったかくて柔らかい 触ったこともないような感触が 伝わってきていました。 …わたしは 自分の両手を押さえつけるような感じで 重光くんのおちんちんを 隠していました。
9
ページトップへ