CFNM日記

曖昧サンドイッチ 9

(2012年1月9日 12:17)

「ありがとうございましたー!!」

久音ヶ丘空手道場、本日の稽古終了。

残って稽古を付けてもらう生徒たちを尻目に、
そそくさと着替えを済ませる福。
この前の二の舞は、避けたいところである。

「し、失礼しまっす!!」

軽やかなフットワークで、道場をあとにする。



「ふぅ。」

安堵のため息。…と、

―チリンチリン。

どこかで聞いた音。と、展開。
またか。

「早かったじゃん。」

愛登場。

「練習早く終わったの?」
「まぁ、そんなこと。よく分かったじゃん。」

はいはい。

「良かったねぇ福。
 今日もお姉ちゃんとお風呂入れるね~。」
「はぁ!?」
「いいじゃん別に、滅多にないんだから。
 んっふふ。」

ホント、自由だよな…。

「ほれっ!!」
「っ!?」

力任せに、荷物を奪われる。
それを自転車のカゴに放り、ピューーーーン。
………。

「走れ~!!!」
「………。」

はぁ。

―タッタッタッタ…。

素直に従う福。






「お、今日はちゃんと、
 体洗ってから入ったみたいだね。」

満足そうな笑顔で、裸の愛が入ってくる。

「当然だろ。」
「ははっ、なーに。」

愛も頭と体を洗い、福の隣りにお邪魔する。

「プハァ!」

極楽極楽。

「あ、そう言えば。」
「ん?」
「この前ね、クラスのみんなに、
 福とお風呂に入ったこと話したの。」
「あぁ…。」

そう言えば、姉ちゃんも喋ってくれちゃったんだったな。
舞には忠告したけど…、
………。

…いいや。
どうせ姉ちゃんに言ったって、軽く流されそうだし。
ちょっとだけ言いかけた不満を飲み込む。

「みんな、どんな反応したと思う?」

そりゃあ…

「驚いたんじゃないの。」
「せいかーーーい!
 良く分かったね、凄いじゃん。」
「いやいや。」
「私的には、かなり意外だったんだけど。」

舞といい姉ちゃんといい、
ちょっと人と感性がズレているのかな。
…まぁ、否定しないけどさ。

「みんながみんな、
 恥ずかしいから無理~!!だってさ。」
「そりゃあ、ね。」
「あれ?福ももしかして恥ずかしいの?」

それは…、

「…まぁ、ちょっとは。」

いくら姉弟でも、もう小6だし、ちょっと抵抗はある。

「ふ~~~ん。」

福の返答に、なるほどなるほどと頷きながら、
意地悪にもゆっくり、視線を福のそこへと向ける。

「…な、なんだよっ。」

急に股間がこそばゆくなり、手で隠す福。

「ふふ、じょーだん。」

優しく微笑む愛。…と、

「逆に、
 私の裸見てドキドキしちゃったり、とかはないの?」

そう言うと、突き出すように、
福に自分の胸を見せびらかしてみせる。
愛も自慢の、なかなか立派なおっぱいだ。

「ちょ、や、やめろっ。」

もう見慣れたけど、改めてそんなことされると、
さすがに目のやりどころに困ってしまう。
目の前でたゆむそれを、無理矢理手で視界から消す。

でも、実際、そこはやはり姉だからか、
いくら異性の裸とは言え、ドキドキしたりはさすがにしない。
…と、

「あれ?興奮しちゃってる感じ?」

弟の意外な反応に、興味深そうに訊いてくる。
え、…い、いや、

「そんなわけないだろっ。」
「えー、でもちょっと動揺してるじゃーん。
 やっぱりお姉ちゃんの裸に、
 ちょっと興奮しちゃってるんじゃないの~?」
「してないってっ!!」
「ほら動揺してるもーん。やだ福エッチィ!!」
「違うってっ!!!」

そんなこと、神に誓ってもない。
そんなことあったら、今後の姉弟関係に、
多少なりとも問題が出てきてしまいそうだ。
断じてない、興奮なんてしていない、…その証拠に、

―ザバーーーーン。

その場で勢いよく立ち上がり、
姉の目の前で、自分の”正常なそれ”を、
これでどうだ、とばかりに見せつける。

滴る水、現れるそれ、確認する愛。

「ふふっ。」

この前ぶりにまじまじと見る、弟のものに、
ついつい笑いがこぼれてしまう。

―ザバーーーーン。

自分の行為に恥ずかしくなり、すぐさま浸かり直す福。
ちょっと後悔はしたが、でも、証明はできたはずだ。

「そっかぁ、ま、やっぱり姉弟だもんね。
 そんな感情起きるわけないよね。そりゃそうだよね。」
「そう言うこと。」
「私も福の見ても、
 おっきくなったな~くらいにしか、思わないもんな。」
「…散々笑ってるくせに。」
「それはまた別。
 だって、笑っちゃうんだもん。」
「なんだよそれ。」

失礼な姉ちゃん。

「じゃあさ、好きな子のこと想像しながら、
 私の裸と照らし合わせたりしたらどう?
 それって結構ドキドキするんじゃない?」
「えぇ?」

めんどくさいなもう。

「いないの?いるでしょ、好きな子くらい。」
「…そりゃあ。」

いるには、…いるけど。

「じゃあほら、やってみなさい。」
「……。」

全く、ホント自分勝手だよな。
…大体、そんなことしたって、何もなるわけないじゃんか。
…はぁ。
とか言いつつ、やっぱり姉の命令に従う福。

姉ちゃんの顔に、あいつの顔を重ね合わせて~…、
……、…………。
…、……っ!?

急に目を見開き、顔を強張らせる福。
と同時に、自分のそれを、両手でしっかりと覆い隠す。

!?
弟の明らかな変化に、気づかないわけない、こちら姉。
これは、間違いない。

「コラッ!!お姉ちゃんに見せてみなさいっ!!」
「や、やめ、ろっ!!!」
「あれ~、さっきは自分から見せてくれたのに~。
 …おかしいな~、あれれ~??」
「べ、別になんでもないっ!!」
「え~?ん~??」

何でもないわけ、ないだろう。

「こーらっ。」
「やーめろっ。」
「見せなさいっ。」
「やーめろっ!」
「んぬぬぬぬ……!!」
「やーめろっ!!!」
「ひゃっ!ゴキブリッ!!!」
「ひゃぇえっ!?!?!?」

飛び上がる福。
飛び散るしぶき、滴る滴。
…反り立つそれ。

「…わお。」

本物の福の出現に、思わず感嘆の声を漏らす。

「っ!!!」

急いで、もはや手では収まりきらないそれを、
手で隠そうとする。が、隠れない。
から、もう吹っ切れて、両手を離す。

「あーもう!!出るっ!!!」

そのまま、大袈裟に揺らしながら、浴室から出ていく福。



「ふふ。
 大きくなったなぁ…、福。」

改めて実感した弟の成長に、少しだけ、愛が照れる。



「はぁ。」

さすがに、こんなところまで見られてしまっては、
いくら姉と言えど、恥ずかしくないわけがない。
けど、こればかりは、自分ではどうしようもない。

制御不能になってしまった自分のそれに、
このやろっ、と、1つデコピン。痛い。
虚しさを押し殺し、タオルでそこの水分を拭き取っていく。

当分収まりそうもない。
仕方なく、その状態のまま服を着る。

はぁ。
…なんだか最近、恥ずかしいことばっかりだ。
あれやあれやこれ、…数え上げてたらきりがないぞ。

それもこれも、元の原因を辿れば、全て、
姉ちゃんと舞に帰結する。

天真爛漫な姉と妹。
そんな2人に囲まれた、悲劇の男のストーリー。
くぅ…、泣かせるじゃねーか。

…いや、悲劇って言い方は、あれだな、良くないな。
姉ちゃんのことも、舞のことも、
別に嫌いってわけじゃないし。
…ってか、嫌いなわけないし。

弟思い、兄思いの2人に挟まれた、サンドイッチ生活。
これに文句を付けることなんて、俺には出来ない。
………。

……、でも、…、でも、
なんだろう、この、後味の悪さ。

いや、なんだろうなんて、誤魔化す必要、ない。
この締まりの悪さの理由は、十分過ぎるほど、分かっている。



「ふ~んふ~んふ~ん♪…」

浴室の中から、愛の鼻歌が聞こえる。

…………、

…これでいいのかな、姉ちゃん。
………。

…なんて、答えが今ここで出るはずもなく。
疑問を振り払い、その場をあとにする福。

気づくと、すっかり萎えていた。


にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へ

ランキング参加中です。
ポチッと押していただけるとランキングが上がりますので
よろしくお願いいたします~。

この記事へのコメント
  1. うーん…
    どんな状況であれ姉、妹に見た、見られて興奮しただのは正直全く意味がわからないですね。
    作者さんは女性のようですが、自分の兄や弟が自分で反応しても気持ち悪くないのでしょうか?
    もしいないなら父親がと考えるとわかりやすいのではないでしょうか。
    違う展開があるのか、もうすぐ終わるのか、と思ってたので黙ってようと思ってましたが、とんでもない特殊な性癖を持った男の子が主人公になっているということはさすがに男側の意見として伝えとこうと。

    • どちらかと言うと、”見られて恥ずかしい”と言うのが福の感情であって、
      “見られて興奮”しているような描写はさほど書いていないつもりでした。
      今回の興奮は、あくまで好きな子と姉の体を脳内コラージュした結果、ですね。

      羞恥と興奮は似ているようで別物である…はずだと思っています。

      まぁ実際、実の家族の裸を見たり見られたりしたら、
      「キモイ最悪。」で終わるのが現実だと思います(笑

  2. 2012年1月11日 00:01

    いつも見てます

    確かに今回は感情移入出来ない部分は私も多いです。

    実際に血のつながっている姉や妹がいるのといないのとの違いなんじゃないかな、と感じてます。

    学生の頃私に姉や妹がいることを性的な意味で羨ましいと言ってきた友達いましたし。笑

    お前母親が美人だとして母親で興奮すんの?それと同じだよと言えば黙りますがね。

    • 実の家族に興奮、は、自分もあまり理解できません。
      ただ、羞恥は芽生えるのではないか?と思っています。
      兄弟姉妹に裸を見られたら…、うーん、恥ずかしい…、
      よりは、嫌だが先かもしれませんね、微妙なラインです。
      あくまで、客観的な視線から。

      まぁきっと、家族によりけりなんですよね(笑
      でも、滝本家は、そう言う家族なのです。

  3. とうとう福大きくなりましたね

    福の反応可愛い

    他のコメントした方へ
    人それぞれ感じかたが違うので今回の内容もいいのではないでしょうか

    • 翻弄される福と、これからの福に、注目していただけると嬉しいです!

  4. 僕はリアルサンドウィッチですが姉、妹は立派なオカズです。血が繋がってたって女は女です。僕的には今作は一番の傑作です。さらなる展開期待してます。

  5. 何と言うか、読んでくれている方が、
    見られている福を自分に置き換えて読んでいるのか、
    はたまた見られた福を第三者的に想像して読んでいるのか、
    二者で全く解釈の仕方が違うんだな~と、改めて感じました。

    いわゆる女の反応が好きで読んでいる方と、
    単純に男の反応や仕草が好きで読んでいる方、ですね。

    基本的にこのCFNM日記は、後者の方向けに書いている小説ですが、
    本当にCFNMは楽しみ方が千差万別なんだな~、と実感させていただきました。

コメントを残す

※名前と本文以外は必須項目ではありません。


ページトップへ