CFNM日記

曖昧サンドイッチ 10

(2012年1月16日 23:38)

夜。愛と福の部屋。
2段ベッドの下の段。福の寝床。

「…………。」

今日は、上に姉がいない。
なんでも、ソフトボール部の合宿だそうで。

「…静かだな。」

思わず、呟く。…と、

―ギィ………。

部屋のドアがゆっくりと開く音。
ん?誰だ?体と起こし、そちらを向く。
そこには、パジャマ姿の舞が立っていた。

…舞?なんでまた…、…あ、
あぁ、そうか。なるほど。

「どうした?」

いつもの優しいお兄ちゃんで、訊く。

「今日、一緒に寝ちゃ…ダメ?」

妹っぽい、甘えた口調で訊き返す。
少し、ドキドキしているようだ。

「お母さんは?」
「いいって。」

そうか、それなら断る理由もない。

「いいよ、おいで。」

少し横にずれ、スペースを確保する。
パァーーッと、舞の顔に笑顔が咲く。
小走りで駆けてきて、そこに勢いよくダイブする。

―ゴンッ。

調子に乗り過ぎて、柵に頭をぶつける。

「おーい、大ジョブかぁ?」
「いひひ。」

全然、へっちゃらな様子。

「福兄ちゃんのにおいがする~。」
「えー?どんなにおいだ?」
「んー、男らしいにおい。いいにおい!!」
「なーんだそれ。」

気にしたことなかったな。

「ふーんふーんふーん♪…」

足をウキウキさせて、鼻歌交じりに首を動かす。
福と一緒に寝れることが、本当に嬉しいのだろう。
そんな妹の姿に、ついつい福も頬が緩む。

……、…と、
そうだ、いい機会だ。
ちょっと舞に、訊いてみよう。

「舞。」
「んー?」
「舞はさ。」
「うん。」

………。

「お姉ちゃんのこと、好き?」
「………。」

福からの質問に、一瞬笑顔を消す舞。
そのまま少し考えたあと、無理矢理それを取り戻し、

「分かんない。」

笑顔でそう答える。

「なんで?」
「んー…。」

足を動かしながら、もう1回考える。
でもやっぱり、

「分かんない。」
「そっか。」

そっか。

「福兄ちゃんは?」
「ん?兄ちゃん?兄ちゃんは…、
 まぁ、自由過ぎたり、気が強過ぎる気もするけど、
 なんだかんだ、好き…かな。」
「ふ~ん、そっか。」
「うん。」
「…じゃあ、舞も好きっ!」

心からの笑顔か、無理に作ったそれか、
そう、応える。
はは、…じゃあ、か。

でも、まぁ…、…あ、
…うん、そうだ。

「舞、明日も今と同じくらいに、
 兄ちゃんの部屋においで。」
「え?…
 ……、…でも…。」
「大丈夫。」
「……。」

とても不安そうな舞。

「兄ちゃんを信じろ。」

かっこいい顔で、見つめられる。

「…うんっ。」

福兄ちゃんが言うなら、大丈夫に決まってる。
すぐに不安も解消される。

「よし、じゃあそろそろ寝るか。」
「うんっ。」

もう大分夜も遅い。
舞にとってはかなりの夜更かしだ。

「ん~っ………。」

眠い眠い。
体いっぱい、大きな伸びをする舞。…と、

「ぐふっ。」

伸ばし足の片方が、福の股間に見事に直撃。

「…んっ…、…んっ……!!」
「あっ…。」

なかなか強烈な一撃が決まり、悶える福。
でも、妹の前で情けない姿を晒すわけにはいかない。
なんとかかんとか体勢を立て直し、

「こ~ら~。
 今兄ちゃんのちんちん蹴ったろ~?」

妹の頭に、優しくグリグリ。

「いっひひひひ。
 ごめんなさ~い。」

一瞬焦るも、いつもの福の反応に、安心する舞。

「よし、じゃあ電気消すぞ。」
「は~い。」

消灯し、眠りの準備に入る。

…明日。
あんなこと言っちゃったけど、大丈夫かな。
今更、少し不安になる。

気づくと舞に、片手をギュッと抱かれていた。
……。
…、まぁ、なんとかしなきゃいけないな。

はぁ、なんだかすっかり目が覚めてしまった。
まぁ、仕方ないか。

…、
舞が寝たら、ちょっとトイレに行ってこよう。
一応、確認もしときたいし…な。

はは。
まだちょっと、ジンジンする。
…にゃろーめ。


にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へ

ランキング参加中です。
ポチッと押していただけるとランキングが上がりますので
よろしくお願いいたします~。

この記事へのコメント
  1. 福兄ちゃん優しいな

    読むたびにどんどん次が気になってしまう

    • ありがとうございます。
      あと少しでおしまいですが、最後までお付き合いいただけると嬉しいです!

コメントを残す

※名前と本文以外は必須項目ではありません。


ページトップへ