CFNM日記

雑草と太陽 12

(2012年7月3日 21:00)

鹿島とノリの登壇が、注目を呼ばないはずもなく、
全ての帰ろうとする足が止まり、向きも中へと戻される。

―なんだなんだ?
―え?また…?
―やだぁもぅっ…。

当然の反応、気にならないはずがない。
…ノ、ノリ……。

 

「みんな知ってると思うけど、昨日俺と大野で、
 また50m走で対決をした。」

依然一方的にノリの肩を組んだまま、鹿島が飄々と語り始める。

「で、まぁ何と言うか、またまた俺が勝利を収めた。
 んで、知っての通り、その罰として、
 大野がフルチンマッパになった。」

申し訳のかけらもなく、まるで得意気にそう話す鹿島。

―あっはは!ストレート~!!
―もうっ、変なこと言わないでよっ!!!
―やだぁ!!!

ヤジ合戦の教室。ノリは…、
…ダメだ。もう、見れないや。

「なんでぇ、バッチリ見たくせに。
 なぁ?可愛いちんこだったよなぁ?」
「…っ!!私に聞かないでよっ!!!」
「ほーら、やっぱ見てんじゃん。」
「…っ!!!」
「うっは、エッロー!」
「あ、あんただって見たくせにっ!!!」
「俺は見たぜ、こーんくれーの。」
「おい、言ってやんなよw」
「けけっw」
「…っ!!あ、あんただって見たでしょっ!!」
「あ…、あたしはっ…!!!」

……っ、………。

「まぁ、みんなで大野のちんこを見たってこった。」
「くっははwwひっでぇww」
「っ……。」

…………、…。

「んであの後、流石に俺もちょっとびっくりしたんだけどさ。
 また大野から、再戦を申し込まれた。」

 

…っ!?

「…えっ。」
「…うっそ。」
「マージかよw」

「な?大野。」
「………。」

……。

「そう言うこった。」
「うへー、マジかい。」
「懲りねーなぁw」
「…あ、でもよ~。」
「その通り。」

……っ!!

「次また負けたら、またちんこ出すって、これじゃあ芸がないよな。」
「芸ってw」
「それに、みんなもう大野のちんこに飽きちゃったかもしれないしな。
 んで見に来てくんないとかなったら、それはそれでつなんないし困る。」
「やだもーう。」
「もう鹿島やだぁ!!!」
「まぁ俺は行くけどな、女子の反応面白いし。」
「俺も俺も。」
「何よそれー!!」
「ほらほら、こう言うのこう言うの。」
「もうっ!!」

…………。

「だからな、今回は更にその上を行ってみようってことになったわけ。」
「おいおいおいおい。」
「大丈夫かよw」
「もったいぶんな~、早く言えよ。」

……っ。

「次はな。」
「おうおう。」
「なになになに。」

…っ。

 

「次はな、勝ち負け関係なく、
 最初っから素っ裸の状態で、対戦するんだとよ!」

!?

 

「!!!!!」
「ちょwwww」
「うっ…、そぉ…」
「大野マジかよっ!!!ww」
「…そ、それって……」

「そうつまりぃ、今回はぁ、
 見に来れば確実にぃ、また!大野君のおてぃんてぃんが見れまーす。
 しかも今回はぁ、それがぁ、全力疾走でぇ、
 …プルンプルンプルンプルンプルーーーーン!!!!!
 そう言うことでーす。きっひひw」

……んぐっ……っ!!!!

「もーーーーーーう!!!!」
「エッローーーーー!!!!www」
「きゃーーーーははっ!!!!」
「すっげーなおい!!!www」
「てか、ちんこ出すのはもう当たり前なのなw」
「うわぁ、マジ俺は絶対無理。」
「あたりめーだろw死ぬわw」

……んんんっ……!!!

「言っとくけど、大野がやるって言ったんだからな。
 一応、念のため。」
「鹿島がやれって言ったんだろww」
「いや、…あー、まぁ、…んでも、
 大野も分かったって、言ったんだよ。な?大野。」
「ホントかよ、大野。」
「………。」
「…な?そう言うこった。」
「ひゃー…、マジ、すげーわ。」
「ホントに?」
「…考えられんw」

………っ。

「…ちょい待ち、ってかさ、」
「その通り。」

っ。

「驚いてほしいのが、今言ったのが、負けた罰ではないってこと。」
「…あ。」
「そう言えばw」
「だよなぁ。」
「ねぇやだもぅ…」

「もし大野がまた負けちまったらな、今度はな、」
「なんだよ。」
「早く。」
「焦らすなー!!」
「言ったれー!!」

「………、……あー。」
「え?」
「ん?」
「なんだ?」

「…すまん、ちょっと俺の口からはとても、その、
 恥ずかしくて言えねーわ。」

っ。

「なーんだよそれぇ!!!」
「気になんだろーがぁ!!!」
「なんで鹿島までちょっと照れてんだよ!!w」
「いや、その、それくらいその、ヤバいヤツなんだよ。
 …な?大野。」
「………。」

「やっべー、ってか、ヤバくね?」
「よく分からんが、まぁ、ヤバいだろーなw」

「まぁ、答えが知りたかったら、見に来てくれよな!ってこった。」
「…ま、負けねーからっ!!!」
「お、大野が喋った!!」
「いいねー、強気で結構結構!
 でも、勝つとか負けるとか関係なく、
 走るときはちんこ丸出しだってこと、忘れんなよな。」
「………っ。」

……っ!!

「鬼畜過ぎるwwww」
「あっはは、大野顔が赤いぞ~。」
「大野も照れるときあるんだなw」
「あっはは、意外と可愛いとこあんじゃん。」

「もうやだ~…。」
「お前らも絶対に見に来いよな。」
「…な、なんでよ…!!」
「言う必要ないって、こいつら全員絶対見に来るから。」
「う、うるさいっ!!!」
「ほらな。」
「…もうっ!!!」

…………。

「あ、それと。」
「ん。」
「なんだなんだ。」
「まだ何かあんのかよw」

……。

「今回はあまりにも大野へのプレッシャーがきつ過ぎるから、
 もし俺が負けたら、俺も罰受けることにした。」
「お。」
「はいはい。」

「もし俺が負けたら、みんなの前で…、
 この、俺の生プリケツ見せちゃいまーす!!」
「いえーーーーい!!!!」
「きゃーきゃーーー!!!www」
「くだらねーーーwww」
「絶対見せる気ないだろっwww」
「もーう!!」

…。

「…てぇこった!!
 決戦は一週間後の今日!!場所はこれまでと同じあそこ!!
 みんな奮って参加するように!!以上っ!!!!」

「はーーーーーーい。」
「行くに決まってんだろ~!!」
「行かなきゃ損損っ!!!だなwww」
「もぅ……。」

 

 

 

「池田、追いかけなくていいのか~?」

…っ。

「大野、一人で不安がってると思うぞ~。」
「さぁ、ダーリンの元にレッツゴー!!」
「おい、だから止めとけって。」

……っ。

 

「お、さすが。」
「頼んだぞ~。」
「よろしくな~。いっひひw」

 

…行かないわけ、ないだろ。


にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へ

ランキング参加中です。
ポチッと押していただけるとランキングが上がりますので
よろしくお願いいたします~。

この記事へのコメント
  1. 池田と大野の関係どうなっちゃうの?

    って答えたらネタバレになるか(笑)

コメントを残す

※名前と本文以外は必須項目ではありません。


ページトップへ