CFNM日記

雑草と太陽 13

(2012年7月11日 22:00)

いろいろと考える頭など、もうあるはずもなく、
ただ無心で、校庭の端、目立たないあの木陰へと向かう。

当然のごとく、そこにノリはいて、
当然のごとく、いつもの見慣れ過ぎた動作を繰り返していた。

僕は、自分でも驚くぐらい、全く躊躇うこともなく、
ズカズカと、そのスタート地点まで歩を進める。

「………。」

僕の姿を一瞥するも、表情一つ変えずに、
きっと僕の存在なんていないものとみなして、練習を続ける。

なんで、…なんでだよ、…ノリ。
なんであんなこと…、

「ノリ…。」

かすれ切った声がなんとか口外に漏れて、ノリの耳にそれが響く。

 

「…また笑いに来たのか?」

僕の顔など見ず、吐き捨てるようにそう呟き、また走り出す。

そんなわけないだろ、あれは完全な誤解で…、でも、
今はそこを噛み砕いている余裕なんて、あるはずなくて。

「なんで、…なんであんなの、承諾したの…?」

戻ってくるノリに、問う。

「…お前には、関係ないだろ。」

また走り出すノリ。

関係、…ないかもしれないけど、
関係、大アリなんだよ、…僕にとっては。
やだよ、もう想像したくないよ、だって…、また、

「また…、みんなに…、
 ちん…こ、…見られちゃうんだよ…?」

ちんこ、なんて、普段恥ずかしくて絶対言わないけど、
自然と口から、零れ出ていた。

「………。」

僕の確認に、ノリは返答なくまた走り出す。
歯を食いしばっていたのが、なんとなく頬の強張りから、
見てとれてしまった、気がした。

 

その後もノリは、僕の存在はいよいよ完全に無視して、
ただただ、走っては戻ってを、坦々とこなす。

走れば走った分だけ、結果に繋がると思っているんだろう。
あとちょっと頑張れば、鹿島に勝てると思っているんだろう。
きっと今までがそうだったから。

でも、駄目だよ。ノリ。
それじゃあまた、同じことの繰り返しだよ。

そんなの、本気で頑張ってる人には、絶対に言っちゃいけない台詞だし、
言う権利なんて、僕には、誰にだってない、はずだった。

でも、…でも、…っ、

 

「それじゃあ、鹿島には勝てないよっ。」

走り出したノリの背中に、震える声でそうぶつける。
きっと今以上に嫌われちゃうに違いない、けど、
ノリのためにも、僕のためにも、言わないといけない、と、思った。

ノリの動きが10m付近で急に減速し、ゆっくりと、止まる。

 

「…今なんつった。」

大きく息をする背中から、憎悪に溢れた声がする。
…だから、

「だから、
 それじゃあ絶対に鹿島には勝てないって言ったんだよっ。」

怖くて、言った後はもっと怖くて、でも、言うしかなかった。
でも、こんなこと言ったら…、

…!?
大きくグルリと振り返り、大股で、凶暴な狼のように突進してくる。
そして、

…んっ!!!

胸ぐらをグァッ!と掴まれ、そのまま真後ろのネットに押しつけられる。
凄い力だ、痛いよ…、ノリ。
殴られるの、かな。

「…はぁ…、はぁ…、はぁ……!!」

もの凄い形相と荒い鼻息。
そのまま、何も言わず、僕を睨みつけてくる。

そんな顔しないでよ、怖いよ…、ノリ。
僕は…、ただ僕はもう…

「もう…、ノリが負けるの…、
 ノリが悲しい思いするの…、嫌なんだよ…っ。」

つくづく僕は、弱い人間だ。
こんなところで泣いたって、ノリが困るだけなのに。

 

スルスルと、強い力が抜けていく。
ノリは優しいヤツだから、離してくれるだろうな、とは思っていた。
別に計算していたわけじゃなくて、心の底から悲しくて、
堪らなくて、涙が出てきちゃっただけなんだけど、さ。

「…………。」

男のくせに泣きじゃくる僕に、どうしていいか分からずに、
頬をポリポリ、所在なさ気に立ちすくむノリ。
ごめんね、ノリ。

結局、居心地の悪さに耐えきれなくなくなったのか、
唐突にもう1本、50mの消化を始めるノリ。
…ごめんね、ノリ。

ゆっくりと戻ってくる姿に、何か声を掛けなきゃと、
涙を袖で拭きながら、必死で考えていると、

 

「…じゃあ、どうすれば勝てるんだよ。
 ユキには、…分かるのかよ。」

予期せぬあちらからのアクションに、
きっとどうしようもなく、間抜けな顔を晒してしまう。

と同時に、こんな状況なのに凄くドキドキしてしまった、のは、
こんな甘えたセリフを言うノリ、初めてだったからだろう。
それに、ユキって、久々に呼んでくれた気がしたからだろう。

なんだか凄く嬉しくなって、何故だか凄く恥ずかしくて、
思わずにやけてしまいそうになる顔の筋肉をグッと抑えて、
僕は、その答えを探す。

でもね、本当はノリのその言葉、僕はずっと待っていたんだよ。

だって…、ずっと、きっと、多分絶対、
誰よりも頑張るノリを見てきたのは、僕だもん。

ノリのいいところと合わせて、
ノリの悪いとこ、駄目なこと、鹿島と違うとこ、鹿島よりも劣るとこ、
両手の指を全部使えるくらいには、挙げられる自信がある。

それを全部克服できれば、ノリにだって勝てる見込みがある。
言い切ることなんで出来ないけど、そんな気も、実はしてたんだ。

隠しててごめんね。僕、怖くて、言えなかったんだ。
本当は今でも、やっぱり怖くてさ。
だからさ、確認させて。

「…怒らない?」
「…?」

怒ったノリは、泣きたくなっちゃうから。

「もし、絶対怒らないって約束してくれたら、勝てる方法、
 教えてあげられる、かも。」

僕の言葉に、食いつかないわけがないノリ。

「…ホントか?」
「怒らない?」
「ホントか?」
「だから、怒らない?」
「…、怒らねーよ。」
「怖くもない?」
「…怖くも、ねーよ。」

よし、それなら、大丈夫。

「その代わり、」

ん。

「もう泣いたりするなよ。
 俺、そう言うの、どうしていいか分かんなくなるから。」

染めた頬をちょっとだけ膨らまし、”さっきは困った”の表情。
キュンってならないわけがない、でも今それは置いといて、

「分かった。」

涙を全部拭き取って、心からの笑顔でそう言った。

 

 

 

ノリが僕を頼ってくれたのなんて、初めてかもしれない。
いや、間違いなく初めてだ。

僕なんかが力になれるのかな、本当は凄く不安だけど、
それ以上に、跳ね上がるくらい喜んでいる自分がいた。

みんなに知らせてやりたい、ノリの凄さを。

誰の目にもつかない、決して日の当らないこんな場所で、
毎日毎日、走って走って、
踏まれても踏まれても、立ちあがって立ちあがって。

まるで雑草だ。そう思う。
もちろん、最上級の賛美の意味を込めて。

でも、いくら踏まれて立ち上がったって、
結果にならなきゃ、辛い。
きっとこのままじゃ、
決して日の目を見ることもなく、枯れてしまう。

雑草はいつまでも雑草らしく?

そんなの嫌だ。
ノリが、僕だって、耐えられない。
なら、

 

なら僕が、ノリの太陽になるよ。


…なんて、
そんな大役、僕には役不足だって分かっているけど、
誰もやってくれないなら、僕がやるしかないじゃない。

もしもそれで、ノリの役に立てるなら、
そんなに嬉しいことはない。

誰にも言わないけど、ノリにだって言わないけど、
そんな決意を、一人、胸に刻んでみた。


にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へ

ランキング参加中です。
ポチッと押していただけるとランキングが上がりますので
よろしくお願いいたします~。

この記事へのコメント
  1. kuneさん凄い

    男同志の友情素晴らしい
    涙でそう(ノ_・。)

  2. 最初のほうのとこに間違いある

    タート地点ではなくスタート地点では?

    • 遅れましたが、対応いたしました。
      ご指摘ありがとうございましたっ。

コメントを残す

※名前と本文以外は必須項目ではありません。


ページトップへ