CFNM日記

神事 狸相撲 5

(2012年11月6日 22:00)

「きゃーーーーーーーー!!!!」

幾億にも思える笑い声や悲鳴をスルリとすり抜け、
真っ先に脳天を貫く彼女の声。

「ぅあっ…!!!!」

あの子が自分から顔を逸らすのを横目に確認するや否や、
こうなってしまった者なら誰しもが反射的に行なわざるを得ないアクション、
『股間を隠す』をする海斗。
両手に伝わる自分の柔らかい感触。分かっていたけど絶望する。
丸出しだった。

―あっはっはっはっは!!!
―やだーーー!!!
―あらあら…
―チンコデケー!
―はっはっは!!

好き放題に沸くオーディエンスに、もう固まるしかない。

―ギッ…!!

このどうしようもなさをぶつけるならば、目の前にいる者しかいないだろう。
尻餅をついたまま、自分の痴態をただただ唖然と見つめていた宏太を、
思い切り睨む。

「ご、…ごめん。」
この近さでも聞こえないくらい小さな声でそう漏らし、
逃げるように目を泳がせる。
謝られても済む問題じゃない。もう、取り返しなどつかない。

脳を揺らした一際大きな悲鳴のあと、あの子の声が一度も耳をかすらない。
赤らめた顔を手で覆いうずくまっているのか、
はたまた丸出しを晒した自分の姿に幻滅し、
今も尚憐みの目でこちらを見つめているのか…。

分からない。分からないけど、見られたと言う事実に変わりはない。

「んっ…」

見られた場所しか隠していないその姿のまま、
逃げ去るように走り出す海斗。


にほんブログ村 小説ブログ 学園・青春小説へ

ランキング参加中です。
ポチッと押していただけるとランキングが上がりますので
よろしくお願いいたします~。

この記事へのコメント
  1. とりあえずこれで終わりのつもりですが!
    何かいい続きがありそうだったらどなたか教えてくださ~い(´ω`)

  2. 2012年11月6日 22:36

    つばくろー(・o・)ノ

    控え室で再び顔を合わせた二人。

    どうしても気が収まらない海斗が宏太のまわしを奪い取る。

    「うわっ!返せ!!

    「うるさい!」と、揉み合いになる。

    そこへ彼女達が…。

    なんてのは?(・o・)ノ

    或いは、この後表彰式があり、そこで海斗が宏太に仕返しする…とか(‘o‘)ノ

  3. こういうのもいいですね

    海斗って名前カッコイイ

  4. よくある展開としてはあせって逃げた方向が控室とは逆の方向で、でも控室に戻るにはこの土俵のある道を通らなければならないみたいな感じでしょうか。
    その海斗を追って誰かがまわしを持ってくる、そこは片思いの君でもいいし、対戦相手の宏太でもいいしもちろんそのほかの人でも。
    海斗ももう一人もまわしの締め方を知らず我流で結び土俵の方に戻る・・・ものの、またまわしがポトリ・・・。
    丸出しのまま元凶になった、宏太のまわしを狙って突進、相手のもほどけてそのまま二人で場外乱闘。
    そんなこともあったなぁと今年の狸相撲を見ながら語り合う三人、そして今年も誰かのまわしが落され女の子の悲鳴で閉め、という感じでしょうか、自分が組み立てるのであればですが。

  5. 次の話は決まってるんですか?

  6. もう12月…

  7. 遅くなりまして申し訳ありませんっ。
    案の方ありがとうございました!
    ちょいちょいアレンジして書かせていただきましたので、
    よろしければご覧下さい~。

コメントを残す

※名前と本文以外は必須項目ではありません。


ページトップへ