小説

雑草と太陽 7

次の日の放課後。 雲1つない、春風の心地良い、まさにスポーツ日和。 それでも、校庭の隅はいつものように、 木の葉の隙間から微かな日差しを受ける程度である。 誰かのせいですっかり色褪せた、淡い2本のコースライン。 そのスタート地点に、2人の選手が並ぶ。 勝者の証人役を買って出た人数は、 前回の15人を遥かに上回り、ほぼクラスの全員。 またかよ、もう私はいいや、なんて言ってた人も、 結局はみんながみんな、この場所に集結している。 その理由は、…分からないわけがない。 嬉しそうにゴール地点に群がる、クラスメイト達。 表面上は、ボランティアとしての参加、と言うことなんだろう。 でも、あえて口にはしないだけで、本当の目的はまるで違う。 それを思うだけで、胸が締め付けられるように痛くなる。 でも僕には、もう、何も出来ない。 「よーし、やるぞ~!」 スターター係が声を張り上げる。 「おおーーー!!!」 「いえーーーい!!!」 大いに盛り上がるゴール付近。 ノリは…、自分を信じきった顔で、 目指す場所だけを、ただじっと見つめている。 50m先のこの場所からでも、それだけはひしひしと伝わってきた。 ………。 「位置に着いて~…、」 ………っ。 「よーい…、」 …っ。 「ドンッ!!」 一斉にスタートを切る鹿島とノリ。 響く足跡、近づく2つの影。 ………。 風のように目の前を通過していく2人。 ………。 蓋を開けてみれば、一瞬だった。 ……、結果は、 「鹿島の勝ち~~~!!!!」 全員一致、贔屓目一切なしの、その回答。 その通りだった、分かっていた、当然だった。 …でも、どうすることも出来なかった。 「オエーーーーーイ!!」 余裕綽々とばかりに、クラスメイト達に駆け寄る鹿島。 ―イエーーーーイ!! ―あ~あ~。 ―きゃ~~~~!!! 歓声、どよめき、照れ。 一週間前とは比にならない、異様なムード。 その理由は、"鹿島の勝った"からではなくて、 間違いなく、"ノリが負けた"からなのだろう。 そんな輪の中に、躊躇いながらも、視線を逸らしながらも、 ゆっくりと近づいてくるノリ。 みんなの視線が一斉に、鹿島からノリへと向けられる。 …、…ノリ……。 「ってことで、大野。  約束は守ってもらうぜ。」 嬉しそうに、ノリの肩を組む鹿島。 ノリはただ無抵抗に、拒絶する様子もなく、 目線を何処かへと落とし、動かなくなった。 ―マジでやるのかっ!! ―待ってましたぁーーー!! ―きゃーーーーー!!! 周りのみんなが、思い思いに、感情を爆発させる。 ノリの頭から、1滴2滴、汗が流れ始める。 色黒だからよく分からない…、けど、 顔全体が赤らんでいるのが、僕には分かっ… ……、……っ!!! 僕は自分の体の変化に気づき、思わず、股間を手で押さえた。 「こんなもんでいいかな。」 さっきと同じように、コースのスタートラインに立つ鹿島とノリ。 その2人を扇形で囲むように、3列になってみんなが並ぶ。 女子は見やすいように、そんなよく分からない理由から、 1列目には全員女子が配置させられた。 「よっし、じゃあ大野、覚悟はいいか?」 「…………。」 無言を呈するノリ。 「…いいんだな。  よし、じゃあ負けた罰として…、  大野の"素っ裸の刑"、スタートォ!!!」 ―イエーーーーイ!! ―パフパフゥ!! ―もーう!! …っ。 ―…ビクンッ。 「よし、じゃあまずは、上脱げ。」 隣りの鹿島が指示をする。 ノリは、小さく深く、1つ深呼吸をする、と、 ザバッと、男らしく、上の衣類全てを一気に脱ぎ、 地面にそれをバサッと落とした。 ノリの小麦色の上裸が、みんなの前で晒される。 ―フゥーーーー!!! ―おっとこっまえーー!! ―もううるさーーい。 好き放題に野次が飛ぶ。 …んっ。………。 「なかなかいい体してんな。  乳首とか、結構エロくね?」 鹿島がノリの片方の乳首を、人差し指でつつく。 ―ちょっ!! ―あっはははは!!! ……!!なんてことする……!!! ………。 …、ノリは、ただひたすらに、無言で耐えている。 「うっし、じゃあ次は、靴と靴下。  素っ裸だからな、全部脱いでもらうぞ。」 ―うっわ。 ―やだぁ。 ―鬼ー!! 「うっせー、最初にそう言っただろ。」 全く容赦はしてくれないみたいだ。 …。 靴と靴下を両方、ゆっくりと、 言われるがままに脱いでいくノリ。 ―フゥーー!! ―野生児~!!! ―………。 脱ぎ、終わる。 素足を地べたに付け、上半身裸で仁王立ちするノリ。 この期に及んで、カッコいいな…、なんて、 思ってしまった、自分が嫌だ。 「よし、後2枚だな。」 後2…、枚……。 「ここまで来ても逃げ出さないってことは、  もう覚悟は出来てるみたいだな。  男らしさは評価するぞ。」 …、ノリは、そんな卑怯な真似、絶対にしない。 「まぁもったいぶっても仕方ない。  とりあえず下脱げ。  あ、まずはハーパンだけな、ちんこはまだ出すなよ。」 ―あっはは! ―やだーーー!! 盛り上がる男子に、嫌がる女子。 のくせに、誰もそこから動こうとはしない。 ………っ。 ―サッ。 そんな周囲になど構うことなく、… 構う素振りなど見せる様子もなく、 下のハーフパンツをスルリ脱いでみせるノリ。 中から現れる、黒いパンツ。ボクサーパンツ。 ノリの…、パンツ、…一丁…、 …んっ……!!!! ―ウッホ!! ―きゃーーー!!! ノリの残り1枚姿に、大いに沸くクラスメイト達。 んっ…、んん…っ。 「さてさてさて…。」 ………、 「ついにライト1枚となってしまいました。」 ニヤニヤを全開にする鹿島。 ノリは、…駄目だ、顔、見れない…や。 「大野くんはどんな可愛いおちんちんを  しているのかな~?」 再びノリに肩を組み、周りを煽る鹿島。 ―ぃやぁ~!! ―ヒューーーーー!!! …、……んんっ…。 「うっし、んじゃ大野。  自分の好きなタイミングでいいからな。」 それだけ言うと、 「脱ーげ、脱ーげ、脱ーげ。」 手拍子と共に、コールを開始する。 それをみんなの方にも向け、「お前らも。」の合図。 「脱ーげ、脱ーげ、脱ーげ!」 1人、2人、3人、男子がそれに同調する。 「脱ーげ、脱ーげ!脱ーげ!」 目線を落とし、恥じらいながらも、 小さく手首を叩き始める女子。 「脱ーげ!脱ーげ!脱ーげ!」 僕は…、僕……、は……、 …っ、……。 ……、………、 ノリがゆっくりと、パンツに手を掛ける。
ページトップへ