夏の大三角|Kune Kune Project

小説

あらすじ

夜空に輝く夏の大三角。照らされるは、1人の女の子と2人の男の子。あいつはあの子が好きで、あの子はあの人が好きで、でもあの人は…。 3人の気持ちがグルグル回る、トライアングルストーリー。

登場人物紹介

  • 田中 陸
  • 東小学校に通う、小学4年生の男の子。
    住んでいるところがドが付くほどの田舎で、同級生が1人もいない。口癖は「暇過ぎて死ぬー。」。邪険に扱われること承知で、2つ年上の千沙にいつもちょっかいばかり出している。
    日々"男らしさ"の研究に余念がない。
  • 相川 千沙
  • 東小学校に通う、小学6年生の女の子。
    臨時家庭教師の和哉に、密かに想いを寄せている。東京に強い憧れを抱いていて、中学は東京にと最近では日々勉強の毎日。
    でも、田舎の暮らしも決して嫌いなわけではない。窓から見える星空が大好き。
  • 北村 和哉
  • 東京の私立中学に通う、中学2年生の男の子。生まれも育ちも東京の、生粋の都会っ子。まだ本気で人を好きになったことがなく、恋に関して若干の焦りを感じている。
    誰が見ても癒されるような優しい笑顔の持ち主。眼鏡を外そうとする奴が大嫌い。

お話

ページトップへ